« 雑感20111016 | トップページ | まつたけ! »

2011年10月22日 (土曜日)

東京の○○区で生まれ育った.

両親はパン屋を営んでおり農家ではなかったが,

店の目の前には田んぼ,畑が広がっていた.

少し歩けば養鶏場があり,酪農もしていて,

鶏,牛を見ることができた.

現在品質管理の仕事をしていて異物混入に敏感になっている

当時よりは少しオトナになったワタシは,

食品を販売するには何てひどい環境だったのだろうと思い出す.

 

農家にとっては迷惑だが,

田んぼはコドモにとって絶好の遊び場だ.

特にワタシは田んぼの生き物が大好きで

遊び回っていた.

ザリガニ,トノサマガエル,ウシガエル,オタマジャクシ,

ドジョウ,豊年エビ,アメンボ,ヤゴ,

糸トンボ,ギンヤンマ,シオカラトンボ(♂),ムギワラトンボ(♀)

記憶にはないが,母によるとイタチもいたという.

そんな田んぼも見ることが少なくなっていったが,

去年上田に転勤して,毎日見ることができるようになった.

なので喜々として通勤している.

田んぼを撮影しているところをよくTさんに見られ,

さらにその話が班長のKさんにまで伝わっているところが

少し”しょっしい”のだが.

 

以下,いつもにもまして画像が多いので,

覚悟してクリックしてください(笑)

5/27

Dcim0433

5月のある日,田んぼに水が張られた.

夜に蛙の鳴き声が聞こえ始めた.

Dcim0434

これは誰かさんと誰かさんが○○している麦畑.

Dcim0435

5/31

Dcim0472

田植えsign01

Dcim0473

Dcim0474

6/1

Dcim0477

Dcim0478

Dcim0480

二軍の選手たち.

6/3

Dcim0484

Dcim0485

Dcim0486

Dcim0487

6/10

Dcim0529

Dcim0530

6/17

Dcim0566

6/24

Dcim0623

これは誰かさんと(ry

Dcim0624

7/1

Dcim0644

Dcim0645

7/6

Dcim0655

これは(ry

Dcim0656

起用されなかった二軍の選手たちが枯れ始めた.

Dcim0657

露草.

7/8

Dcim0672

7/15

Dcim0694

Dcim0695

かつて誰かさんと(ry

Dcim0696

Dcim0697

丸なす

Dcim0698

とぅめぃとぅ

Dcim0699

きゅうり

Dcim0700

アスパラガス

8/6

Dcim0770

8/9

Dcim0786

稲穂sign01

Dcim0787

Dcim0791

Dcim0792

8/12

Dcim0803

Dcim0804

Dcim0805

Dcim0806

Dcim0807

Dcim0808

カエルの川流れ寸前

Dcim0809

死ぬなよ~

8/18

Dcim0833

悟りを開きました.

Dcim0834

8/19

Dcim0835

Dcim0836

Dcim0837

山の上の……

Dcim0838

8/26

Dcim0851

Dcim0852

垂れ始めた頭.

note神戸 泣いてどうなるのか (前川 清)

Dcim0853

Dcim0854

育て,Ginkgo草.

9/2

Dcim0890

Dcim0891

Dcim0892

Dcim0893

9/9

Dcim0917

Dcim0918

Dcim0919

丸なす

懇意にしているクリーニング屋のKさんによると,

上田特産らしい.

Dcim0920

麦畑跡地に草が.

Dcim0921

好きな花,名は知らず.

9/16

Dcim0938

Dcim0939

9/23

Dcim0968

台風一過.

Dcim0969

Dcim0970

Dcim0971

9/26

Dcim0985

稲刈り,はざ掛け.

Dcim0986

Dcim0987

Dcim0988

こちらは乗用コンバインを使用.

刈ると共に脱穀するので籾がない.

9/30

Dcim0994

Dcim0995

Dcim0996

わら人形のようだ.

Dcim0997


Dcim0998


Dcim0999

note一本でも( にんじん ) 二足でも( サンダル )
 三艘でも(  ヨット  ) 四粒でも( ごま塩 )

10/3

Dcim1014

Dcim1015

Dcim1017

Dcim1018

はざ掛けの台.

左の一つは木製,中央と右は金属製.混在している.

玉石混淆……めっちゃ違う.

和洋折衷……なんか違う.

紅一点……木は女か?

掃き溜めに鶴……木も金属も一長一短.どっちも優れものだよね.

月月火水 木・金・金 (Wiki)……これだsign03

   

5月28日に田植えされ,9月24日に稲刈りされた.

その間4か月.

以上,「お米ができるまで」をお届けしました.

次の企画は「牛乳ができるまで」.

出産シーンに始まり,

生まれた雌牛の成長と,

その雌牛がお乳を出すまでを追いたいと思います.

うそです,ごめんなさい.

次の企画は「ダメ人間ができるまで」.

オープニングテーマだけが決まっています.

note闇に隠れて生きる ワタシはダメ人間なのさ(聞いてsign03

妖怪人間ベム(ドラマ)

|

« 雑感20111016 | トップページ | まつたけ! »

コメント

おはようございます。
兼業農家の私の実家、そんな風に一年間の稲作に心躍る感じはしないんですけど。でも 稲作のなかでは 私は脱穀が一番好きです。来年よろしければ ぜひ体験農業してください・・・
または稲倉棚田のオーナーさんとか いかがでしょうか? 

投稿: りえうさ | 2011年10月22日 (土曜日) 11:17

>りえうさちゃん

上田は兼業農家が多いですね.
職場にも畑を耕してから出勤する方がいます.
コドモのころに近くの農家で,
足踏み式の脱穀機を使ったことがあります.
「農業は厳しい,Ginkgoには無理」
と,農家の娘のバケラッタねえさんから聞かされています.
でも体験農業に興味津々です.
   
ところで,りえうさちゃん,
”しょっしい”って信州弁だよね?
10年前に職場の年配の方に教わったんだけど,
最近耳にしなくてさ.

投稿: Ginkgo | 2011年10月22日 (土曜日) 12:42

あらやだ しょーしいわぁshockそんな方言使いませんsign01恥ずかしい(->_<-)と言った感じかな。『おやげない』とか『まえで』とか『わにる』とかいっぱいありますよ!私は年長者のおじいさんとかと話す時はよく使います。
我が家のほうは 稲を干すときは 『はぜかけ』で支える三脚みたいのが はぜあし 竿のような一本の棒が はぜ棒です。

投稿: りえうさ | 2011年10月22日 (土曜日) 15:50

私が育ったところでは、田んぼより畑。
春の砂嵐。そんなものだと思っていたけど。
離れてみるとふと懐かしい。
オットー草とも離れてしまい、ちょっとさびしい。
代わりに、育てよGinkgo草。

投稿: にゃにゃにゃん | 2011年10月22日 (土曜日) 19:23

>りえうさちゃん

"しょっしい"じゃなくて,"しょーしい(しょうしい)"だったのかsign03
道理でググってもまともにヒットしないわけだ.
稲を掛けるのをググると,
"はざ掛け"と"はぜ掛け"がヒットする.
http://www.youtube.com/watch?v=kTGvuOHCmP8
教えてもらった信州弁.
これからググってみようと思います.
特に"わにる"に興味津々 happy01

>にゃにゃにゃんさん

川越では畑だらけでした.
自転車通勤で畑の中を抜けていくので,
会社に着くころには顔が茶色いの.
春はいくら掃除しても雑巾が真っ茶色になるので,
全ての窓を目張りして開かずの窓にしてやろうかと思いました(笑)
上田は田んぼが多いのが嬉しくて.
Ginkgo草の上でハグロトンボが
羽を休めているのを見ると嬉しくなります happy01

投稿: Ginkgo | 2011年10月24日 (月曜日) 08:32

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/120630/53052761

この記事へのトラックバック一覧です: :

« 雑感20111016 | トップページ | まつたけ! »