« マンズワイン小諸ワイナリー収穫祭 | トップページ | ペストリー・ブティック ストーリー(pastry boutique Story) »

2010年10月31日 (日曜日)

雑感20101031

《これは何?》

P1001667

P1001668

 

《出前》

コチラでご紹介した「鰻 若菜館」

初めて出前をとってみました.

P1001632_2

P1001633_2

うな重 竹 2,415円.

やっぱりお店で食べた方がいいです coldsweats01

 

《柿》

bakenekoさんから柿をいただきました happy02

P1001666

両方ともブランド柿.

どちらかが富有柿で,どちらかが次郎柿なんです.

たぶん左が富有だと思う.

次郎柿と富有柿との見分け方

《くるみ》

会社のお友だちからくるみをいただきました happy02

P1001671

国産,しかも東御(とうみ)市産のブランドくるみです.

色々な記念日がありますが、「くるみの日」があることをご存知ですか?9月30日が「くるみの日」とされています。 「くるみは丸い」(「くる=9」「み=3」「まるい=0」)と9と30とで読む語呂合わせが由来だそうです。日本一のくるみの名産地、長野県東御市などのくるみ愛好家が制定しました。 くるみの出回る時期にかけて、食材としての素晴らしさ、用途の広さなどをアピールするのが目的とされています。日本では、縄文時代から自生したオニグルミやヒメグルミを常食していたようです。また、かつては、たいていの家にはくるみの木があり、行事があれば、必ず食卓にのぼっていました。「くるみの日」をきっかけに、昔から愛されている身近な食材「くるみ」を取り入れてみませんか?
(とあるメールマガジン(失念!)より引用)

そのお友だちに教えてもらったのですが,

先日の「秘密のケンミンSHOW」

上田市(周辺)の話題が取り上げられたようですね.

ケンミン凄技伝説・ゴールドフィンガー2010
「上田市周辺に住む長野県民は、クルミを素手で簡単に割ることができる!?」
長野県の東信地方(上田市周辺)はクルミの生産地。昔からクルミに馴染みがあったことから、簡単に割る方法を見つけ出したという。割るコツは、クルミを2つ用意し、殻の一番固い溝の部分と、その横のヘコんだ柔らかい部分を合わせ、2つのクルミを押しつけ合いながら、力強く握ること。
(番組のサイトより引用)

頑張ってみたんですけど,ワタシには無理でした weep

でっ,これを使いました.

P1001670

P1001669

これでも結構力が要るんですけど,

素手に比べたら(笑)

ワタシが感じた東御市産と輸入物の違い.

①味の濃さ
 輸入物は味が薄いから剥いて調味料で味付けしてあるのがあるもんね.
②殻の厚さ
 国産は殻が薄くて身が大きい.薄いから慣れれば素手で割れるんだね.輸入物を素手で割るのは無理だと思う.

お友だちにくるみ好きのことを話したことがあって,

彼女はそれを覚えていてくれたんですね.

嬉しいことです.

近所のスーパーにくるみ菓子屋さん

「花岡」本店はもちろん東御市)が

出店していることも教えてくれて,昨日行ってきました.

スーパーの中の1コーナーかなって思っていたんだけど,

りっぱな店舗が外にありました.

イートインもできるみたい happy01

P1001634

いただいたこれもおいしかった~ delicious

 

(余談)

ツルヤさんで買い物をしていたら,

かわいらしい女の子を連れた会社の人に会いました.

YHさん(40代,♂)でモモちゃんの同期です.

挨拶を交わしたら,人懐っこそうな娘さんがニコニコッとして.

 

《海鮮処 祭》

何回かご紹介している「海鮮処 祭」.

その1 その2 その3 その4

最近はいつも混んでいて,

電話を掛けても,

女将さん「すみません,今夜も満席で……」

ということが多くて weep

おとといは珍しく空いていた.

と思ったら,カウンターに空きがあるだけで,

小上がりは一杯で,二階のお座敷でも宴会をしているらしかった.

まずは生ビールから.

P1001663

これがお通しなんだから信じられないよね.

ちゃんとした一品だよ.

ヤリイカなんだけど,ものすごく柔らかい.

素直にご主人に伝えると,

いつものように熱く語ってくれた.

ご主人「柔らかいでしょうhappy01 まだ小さいから柔らかいんです.この時期にこのサイズのものを手に入れるのは難しいんですけど」

ゲソもかわいらしいもんね.

ワタシがちょっと生意気な質問をしても,

ここのご主人は何でも快く教えてくれるから好きだ.

「けっ!素人が」って感じの人もいるけれど,

そういうお店には二度と行かない.

お通しを食べながら,お刺身の盛り合わせを注文.

最初のころは細かく

「あれください.これください」

って伝えていたけれど,

最近はご主人に完全におまかせ.

そしてやっぱり今夜も待たされた.

お店の雰囲気が好きだし,

隣で女将さんが話し相手になってくれたから

まったく苦にはならなかったけど.

女将さん「小夏さん,この方ね,ヤクザなんですよ」

反対側にいる老女に話しかける.

んっ?という感じでワタシを見る老女.

老女「これは親分さん,失礼しました」

おいおい,立ち上がってお辞儀までしてるよ~ coldsweats02

ご当地キティのストラップを付けている

親分さんはいないでしょうが.

顔で判断するなってーの(笑)

女将さん「本当に信じちゃった bleah

”てへっ顔”で言われても…… 

Ginkgo「このような場所で他人様にお見せするものではありませんが think

と服をずらして肩を見せかける.

女将さん「桜吹雪?昇り龍? happy02

悪のりしすぎです(笑)

そうこうしているうちに盛り合わせがきました.

P1001664

本マグロ中トロ,ブリ,ヤリイカ,活けタコ,カニ,甘エビ

お酒は久保田の碧寿です.

新鮮な甘エビだから味噌までおいしい.

中トロもいいところを出してくれている.

これもブリも,こんなに厚く切ってくれると嬉しい happy02

食べながらカマスの塩焼きを頼み,

次のお酒は,

八海山焼酎「宜有千萬(よろしくせんまんあるべし)」

このお酒はごく最近お店に置くようになったお酒.

実はご主人が導入前に一度飲ませてくれて,

意見を求められたことがあるんです.

銘酒「八海山」で有名なあの八海醸造

二年前に満を持して世に送り出した焼酎(もちろん米)だから

おいしくないわけがない.

ご主人が心配していたのは,魚に合うのか?ということ.

グラスに顔を近づけると焼酎らしからぬ香りがします.

あっ,この言い方は誤解を招くな.

えーとね,

ワインの香りに対するブランデーの香り.

日本酒の香りに対する米焼酎の香り.

そんな感じ.

そして口に含んでみるとほのかな甘味が.

Ginkgo「これはお魚にも合いますよね.お刺身もいいけれど,ワタシだったら焼き魚,煮魚かな」

と素直に言いました.

そのあとも,あーだこーだと意見交換しましたけど,

ご主人と一致したのは,

「水で薄めない方がいい」

でもお酒が弱いワタシは薄めないと飲めないし~

困った……(笑)

 

《ネット上の拾いもの》

ネタでも泣ける(ようつべ)

 本当に泣いた……嗚咽を漏らして泣いた……

Out of Sight(ようつべ)

 台湾の学生の製作.必ず2回は見ることになります.

フミコの告白

 一方日本の学生は……

|

« マンズワイン小諸ワイナリー収穫祭 | トップページ | ペストリー・ブティック ストーリー(pastry boutique Story) »

コメント

柿、四角いのが次郎ちゃんです。
何万個かにひとつの割合で五角形のができるのだとか・・・

合格祈願に売っているみたいだけど
わたしはいままでに一度も見たことがありません。

もしかして、あるけど気づいていないだけかもしれない。

投稿: bakeneko | 2010年10月31日 (日曜日) 16:22

>bakenekoさん

どっちも四角っぽいって言われればそうだし,
丸っぽいって言われればそうだし coldsweats01
     
正解はどっち?

投稿: Ginkgo | 2010年10月31日 (日曜日) 17:24

写真を見ただけではちょっとわからないですが
右が次郎ちゃんだと思います。

次郎ちゃんは
触れば四角く感じると思うのですが・・・

味どうでした?
どちらもおいしいはずです。

投稿: bakeneko | 2010年10月31日 (日曜日) 19:02

裁判でせーしゅくに、とんとん、ってやるやつ。
だと思ってた。裁判見たことないけど。くるみ割りとは。

ぶりの季節だぶり。ぶり♪ぶり♪ぶりさしみ~♪
ブリ大根も好きです。

投稿: にゃにゃにゃん | 2010年10月31日 (日曜日) 20:29

>bakenekoさん

じゃあ,当たってた.
どちらもおいしかったですよ.
ワタシの好みは次郎かな happy01

>にゃにゃにゃんさん

さすが上田.
くるみ割りが普通に売っています.
お魚がおいしいお店は,
冬場が楽しみです.
ブリ大根出してくれるはず happy01

投稿: Ginkgo | 2010年11月 1日 (月曜日) 05:51

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/120630/49893323

この記事へのトラックバック一覧です: 雑感20101031:

« マンズワイン小諸ワイナリー収穫祭 | トップページ | ペストリー・ブティック ストーリー(pastry boutique Story) »