« 雑感100718 | トップページ | 上田市内散策 »

2010年7月19日 (月曜日)

鯉西本店

昨日の昼は近くの川魚料理屋さん「鯉西」で鮎を堪能してきました

9年前に住んでいた社宅から駅までの通勤途上にあって

当時も気になってはいたのですが,今回初入店.

食べたかったのよ,千曲川の上田鮎

Scan

鮎子ちゃん(後述)にもらったパンフレット.

11:00の開店と同時に入店.

扉を開けると正面に二人の女性が.

「いらっしゃいませ  

一人は推定40代の,もの凄い美人.

一人は笑顔が愛らしい,おそらく高校生のアルバイト.

以下の記事では

女将さん(仮),鮎子ちゃん(仮名)と勝手に呼ばせていただく.

美人さんは,たぶん女将さん(正)じゃないだろうし,

バイトの娘も鮎子という名前じゃないだろうな(笑)

Scan0001

1階はこういう↑お土産が並んでいた.

今日の目的は食事だったので,上を指差して,

Ginkgo「食事をしたいんですけど」

女将さん「どうぞ 

右に進んでいくとこちらにも玄関が.

そうか,食事のお客さんはこちらから入るのが正しいのね 

Scan0002

階段を上がるとカウンターと小上がりが(これ↑の一番下).

開店間もないから誰もいない.

本当に誰もいない……

ってか,板前さんもいないじゃん

と思っていたら,後ろから鮎子ちゃんがトテトテとやってきた.

鮎子「お好きな場所にどうぞ.メニューはこちらです 

P1001281

P1001282

Ginkgo「え~とね,鮎の刺身,鮎の塩焼きと田楽,稚鮎の天ぷら,あと鮎うるか」

鮎子「鮎うるかはあるかどうか確認してきていいですか?」

Ginkgo「そうだよね,うるかは貴重だもんね.いつもあるとは限らないよね.あとお酒が欲しいんだけど,この竹酒っていうのもらえるかな」

鮎子「今日は良い竹がたぶんないので……骨酒はどうですか?」

Ginkgo「どういうものなの?(知ってて聞くヤクザ(笑))」

鮎子「あれをお酒に入れて温めるんです」

そこには串刺しにされた焼き魚が.

Ginkgo「ワタシね,ブログを開設しているんだけど写真を撮らせてもらっていいかな?」

鮎子「宣伝になるからいいですよ 

Ginkgo「でもこちらのお店はもう充分に有名だよね.グーグル検索するとトップの方に来るもの」

鮎子「そうなんですか?嬉しいです 

P1001284

鮎子「片付けてなくてすみません 

Ginkgo「No problem(笑) いわなの骨酒をください.本当は鮎のコースにしたいんだけど,お昼はだめでしょう?」

鮎子「そんなことはないですよ,大丈夫です 

Ginkgo「メニューになかったからお昼はダメなのかなって」

鮎子「こちら↓をご覧ください 

P1001276

Ginkgo「じゃあ今まで頼んだのは骨酒以外キャンセルで,5,250円のコースで 

P1001278

P1001277

P1001280

それにしてもまだ誰も二階に上がってこない.

鮎子ちゃんはカウンターの中で骨酒を作ってくれている.

でもまさか調理までするわけではないだろうな.

P1001279

飲食店によくある

有名人が来店したときの写真が飾ってあった.
(上の画像の左下)

内野聖陽とか名前忘れたけど女優さんとか.

手持ちぶさたなので話しかける.

Ginkgo「この谷啓の隣にいるの鮎子ちゃんだよね」

鮎子「違います.それは姉なんです」

Ginkgo「ええっそれはびっくりそっくりだね」

鮎子「よく言われます」

Ginkgo「鮎子ちゃんは高校生だよね」

鮎子「はい,高三です 

Ginkgo「お姉さんもここでバイトしてるの?」

鮎子「私たちはこのお店の娘です」

ここまで気づかなかったワタシは,そうとう愚か者である 

Ginkgo「ワタシね,先月上田に越してきたんだけど,いいところだよね」

鮎子「ありがとうございます 

どこかでブザー音が.

鮎子「失礼します」

リフトの前に行く鮎子ちゃん.

そして突き出しが供された.

P1001283
浅漬け,鮎子持巻,伽羅蕗

ああ,そういうシステムなのね.

料理は3階で板前さん(お父さんかな?)が仕込んで,

鮎子ちゃんは配膳係なんだ.

そしてすぐに鮎子ちゃんお手製の骨酒が.

P1001285
酒器も良いよね

P1001286
さんざん出汁を取られたあと,ヤクザの胃に収まったイワナくん

この骨酒,もの凄くおいしい.

温めているのに臭みがないし,

口当たりも良い.

おいしい出汁を飲んでいる感覚.

Ginkgo「これおいしいねえ」

鮎子「お酒を足すこともできますよ 

ススメ上手な鮎子ちゃん(笑)

Ginkgo「ところでね,鮎子ちゃんは高校生だからわかるかなあ.先週の日曜日の夜に花火が上がったでしょう?」

鮎子「ああ,あれはうちの学校の後夜祭です」

Ginkgo「うちのベランダから見ていたんだけどね,ハート型とかきれいだったよね」

鮎子「そうなんですか.私は真下にいましたから.あまり近くだと逆に形がよくわからなくて(笑)」

で,ワタシのケータイに保存してある花火の動画を見せてあげた.

鮎子「こんなにはっきり見えるんですね 

Ginkgo「月曜日には会社の近くでも上がったよ」

またブザーが鳴りリフトの方に行く鮎子ちゃん.

P1001287

鮎子「どうぞ」

Ginkgo「身がきれいだねえ.それに天然の鮎はいい顔をしている」

鮎子「ありがとうございます 

これが千曲川の鮎かあ.

身が締まっていて,ほのかな青臭さがたまらない.

Ginkgo「ところでさ,上田の人って場所を説明するとき住所を使わないで旧町名を使うよね.越してきたばかりだと袋町とか本町とか鷹匠町とか海野町とか,地図に載っていない名前で言われてもわからなくて ( ゚д゚)ポカーン」

鮎子「そうかもしれませんね.でも私たちには旧町名の方が便利なんです.自治会もそれで分けられていますし」

12:00を過ぎたあたりから他のお客さんも続々と.

さすがに鮎子ちゃんだけでは捌ききれないので,

イケメンな店員(お兄さんかな?)と美人な女将さん(仮)もやってきた.

P1001288
鮎の塩焼き

身をよくほぐして~

尾を折って~

頭を持って~

今日は成功するかな?

えいっ

P1001289
骨抜きにされた鮎

うまく骨抜きできたっ 

Ginkgo「今日はうまくできたよ~ 鮎子ちゃんは骨抜き得意でしょ?」

鮎子「はい,でも鮎の骨は柔らかいから食べても大丈夫ですよ 

骨酒が空になっていたので,

Ginkgo「お酒を足してください 

鮎子「はい 

P1001290
鮎の田楽

味噌もまた良い.

それにしても鮎の姿ってきれいだなあ.

P1001291
稚鮎の天ぷら

さくさくしていてほのかな苦みがいいね.

お酒が進むね(笑)

P1001292

これは何だろう?

コースの中には入っていないはずだけれど.

鮎子「先ほどのお刺身の皮を揚げました 

おお,それは重畳,重畳.

ますますお酒が進んでしまうではないか(笑)

P1001293
鮎こく

鮎子「本当は身は一切れなんですけど,二切れ入れちゃいました 

と,小さくガッツポーズする鮎子ちゃん.

昼からコース料理を頼んで酒をあおる食い道楽で,

しかも観光客じゃなくて市民だから

リピーターになると判断されたようだ.

営業トークでもかわいい……

Ginkgo「ありがとう 

ワタシもガッツポーズを返す(笑)

身がとても柔らかくて,味付けも濃すぎず薄すぎず.

さてさてお会計.

Ginkgo「田楽の方の骨抜きは失敗しちゃったから一勝一敗 

鮎子「  」

Ginkgo「でも鮎子ちゃんが言うように骨は気にならなかったよ~ ところで鮎のコースはいつまで食べられるのかな?」

秋に知り合いを連れてきたかったので聞いてみる.

10月の連休までやっているだろうか?

鮎子「お母さ~ん,鮎のコースはいつまで?」

視線の先には女将さん(仮)が.

途中からそうじゃないかとは思っていたけれど,
(イケメン店員と女将さんがよく似ていたので)

(仮)じゃなくて本当の女将だったのね.

女将さん「鮎のお刺身は9月までですけれど,他にもおいしいお魚がありますから 

他のおいしいお魚も是非いただきたいと思ったのでした.

P1001300

 

《2010/11/14追記》

先日テレビを見ていたら,鯉西のCMが流れていました!

 

《データ》

店名 鯉西本店

営業時間 1階お土産売り場 9:00~19:00
       2階お食事処 11:00~14:00
                17:00~21:00
   (夜はぜひ予約を!じゃないと19:00に閉まっちゃうかも)

定休日 火

住所 〒386-0025 長野県上田市天神1-9-19

電話 0268-22-5124

最寄駅 上田駅(市営お城口駐車場より50m)

女将さん きれいな方です

娘さん かわいい子です

カード 不明
     (カードが使えるかは,予約のときに確認してください)

絵 いろいろな川魚の絵があります(笑)

囲炉裏 竹串の魚がおいしそう

客層 ファミリー,カップル

 

腹ごなしに市内を散歩.

まずは9年前に1年間だけ住んでいた社宅に行ってみる.

P1001294

急な坂.

毎日ここを通って通勤していた.

冬場は融雪剤(塩化カルシウム)が撒かれる.

昔の社宅を見たらドアがオートロックのナンバータイプになっていた.

傘の修理にジャスコのミスタークラフトマンへ.

会社があるところは山に挟まれた特殊な地形で,

他の場所ではただの風でも強風になる.

先日の雨の日に傘の骨が折れてしまったのだ.

それも真っ二つ.

川越に住んでいたときなら捨てて新しいものを買っていただろうけど,

上田市はものを捨てるのが大変なの.

1分もかからなかった.315円なり.

P10012952_2

(さらしな) 上(うえ

一文字ずつなら読めるんだけど,

合わさると読めなくなる不思議.

科野(しなの

P1001296

急な坂.

一度帰宅.

P1001301

暑かったねえ 

再度お出かけ.

P1001302

P1001303

青森市は「ねぶた祭り」,弘前市は「ねぷた祭り」

上田市は「ねぷた祭り」.

日本一の夏まつり 真田出陣ねぷた

夕飯は李白へ.

P1001304
キンメダイの幽庵焼き

P1001306
トロ鉄火巻

P1001307

市役所前通りの街灯.

なかなかいい雰囲気でしょう?

帰宅したらお出迎えが.

P1001308

  

おそらくカミキリムシの一種なんだろうけれど,

これにはびびったな.

大きさも雰囲気もまさにGだったから.

関連ランキング:郷土料理 | 上田駅城下駅

|

« 雑感100718 | トップページ | 上田市内散策 »

コメント

今日のお昼はお魚に決定。
さすがに鮎やさんまでは行けないので、
行きつけの居酒屋ランチにいたします。

投稿: にゃにゃにゃん | 2010年7月19日 (月曜日) 11:11

>にゃにゃにゃんさん

お魚が大好きです.
せっかく上田に来たので,
川魚を極めようと思います.
「上田は千曲の賜」
今月のエンゲル係数は
もの凄いことになると思います

投稿: Ginkgo | 2010年7月19日 (月曜日) 16:38

行きたい、が、遠すぎる・・・。

投稿: 茶菜子 | 2010年7月23日 (金曜日) 20:13

東京駅からたったの1時間30分ですよ.
大抵の方は
「もう着いたのか」
って言いますよ 

投稿: Ginkgo | 2010年7月24日 (土曜日) 01:47

私は川魚はあまり得意ではないんだけど、奈良の十津川で食べた時は、鮎もおいしいと思いましたよ。あの、骨がきれいに取れると、いい気持ちですよね~(笑)

投稿: nino | 2010年7月24日 (土曜日) 08:22

>ninoさん

ワタシも酒飲みになる前はダメでした.
食べていたものも悪かったんでしょうね.
鯉とかすっぽんとか泥臭かったし.
社会人になってそこそこのお店に行けるようになって,
本当においしいものをいただくと,
川魚もいいなって(笑)
今日のお昼(外食)を
そば屋にするか魚屋にするか熟考中.

投稿: Ginkgo | 2010年7月24日 (土曜日) 08:45

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 鯉西本店:

« 雑感100718 | トップページ | 上田市内散策 »