« 雑感080727 | トップページ | 雑感080802 »

2008年8月 2日 (土曜日)

みゆきちゃん

《今朝の読書》

5時起床.朝からむせび泣く.

Nec_0589

コチラでご紹介した二冊.

『がんばれば幸せになれるよ 小児がんと闘った9歳の息子が遺した言葉』(山崎敏子著)

『ゆりちかへ ママからの伝言』(テレニン晃子著)

前者はがんで亡くなったナオくんからママへの言葉.

3ページ目を読んだところで,

もう涙が止まらない.

早朝からぐだぐだ.

後者はがんで亡くなったママから柚莉亜ちゃんへの言葉.

淡々と綴られる文章の中にあふれる愛情と無念.

どちらも決して人前では読まないでください.

 

《みゆきちゃん》

なぜ急に彼女のことを思い出したのかわかりません.

初めて会ったのは,

ワタシが都立高校の二年生,

彼女が小学三年生のときでした.

真向かいに越してきたのです.

とてもかわいらしい利発そうな女の子でした.

両親同士が気があったようで,
(お互い貧乏でしたし(笑))

よくヤクザ家に遊びに来るようになりました.

引っ越したばかりで友だちもいなかったからでしょうね.

ひとりっ子歴17年だったヤクザは,

こんな幼いお友だちをどう扱ったらよいかわからず,

当初困惑しましたけど,

みゆきちゃんは人懐っこくとても性格のよい子で,

明るく話しかけてくれて,

逆に気を遣われているようで

情けないやらなんとやら……

当時うちではハムスターを飼っていて,

動物好きなみゆきちゃんは飽きることなく遊んでいました.

徐々に打ち解け合って,

それからは本当のきょうだいのように過ごしていました.

♪他人にきかれりゃお前のことを 年のはなれた妹と~ (笑)

そうこうしているうちに

みゆきちゃんの家族のことがわかってきました.

ひとりっ子だと思っていたんですけど,

実はお兄さんがいて,

でもそのお兄さんはみゆきちゃんが生まれる前から

寝たきりで自宅療養していて,

「まあ,ひとりっ子のようなものなのよ」

と,みゆきちゃんママは話していました.

みゆきちゃんが大人びていたのは

そういう事情もあったのかもしれません.

 

ワタシが大学生になったときに,

近所でそろばん塾を経営している方から,

「場所を貸してあげるから,小学生に勉強を教えてみないか?」

と誘われました.

ヤクザ家は貧乏でしたけど,

当時の学費は今と違ってかなり安く,

しかもワタシは服装や持ち物にお金をかける趣味はなく,

さらに自宅から通学していましたので,

バイトを「しなければならない」状況ではありませんでした.

でも,

「お金がなくて塾に通えない子ども達に格安で教えてあげて欲しい.もちろん場所代は請求しないから」

と言われ,結局塾の経営者?となることに決まりました.

ワタシが中学生のときに,

「うちにお金があれば塾に行かせたいし,家庭教師も付けてあげたい」

と母が言っていました.
(勉強は嫌いだから貧乏で良かった(笑))

ワタシと同じような境遇の子ども達に

無料で教えてもよかったのですが,

それだと

「熱心に教えてもらえないんじゃないか」

という誤解を受けるので,

当時の額で月2000円もらうことにしました.

小学五年生の6人の女の子を生徒に,

算数と英語を教え始めたんです.

対象を小学五年生にしたのは理由があります.

ワタシはみゆきちゃんに勉強を教えたかったのです.

塾に通っている子より

よっぽど成績が良かったみゆきちゃんのママが,

「お金があれば塾に通わせてあげたい」

と言っていたからです.

みゆきちゃん専属の家庭教師(もちろんロハ)

でもよかったんですけど,

みゆきちゃんママが

「だったらお金を払う」

って言うので,

「じゃあ,ワタシが塾を開きますから,みゆきちゃんを通わせてください.ただし,みゆきちゃんは特待生ですからお金はいただきません」

ということで納得してもらいました.

もちろんそのことは,他の生徒さんには内緒にして.

みゆきちゃんは思った通り素晴らしい理解力を示しました.

約分の応用として調子に乗って互除法を教え,

円周率の話で無理数まで教えてしまいましたけど,

みゆきちゃんだけは理解していました.

例えば1071/1029 = 51/49という約分をするときに,

1071 と 1029 の最大公約数を求めなければなりませんが,

並の小五は答えられないと思います.

 1|1071 1029|24
  |1029 1008|
  --------
 2|  42   21
  |  42     |
  --------
      0

でも他の生徒さんがいる塾では限界があります.

専属の家庭教師にならなかったことを後悔し始めました.

そんなときにワタシの父の転勤が決まり,

離ればなれになってしまいました.

名門女子高に入学したと風の便りに聞いたのが最後です.

 

《Sushi Tempura》

いつものお鮨屋さんにて.

Nec_0586

シイイカ(形が椎の実に似ているので.新イカともいう)とシンコ.

どちらも季節感の強い食材.

シンコで夏の訪れを知り,

シイイカで夏の終わりを知る.

「(どちらも小さいので,一日に同時だと)仕込みが大変だった」

と大将がぼやいてた(笑)

もちろん握りでもいただいた.

 

銀座天一の系譜の,とある天ぷら屋さんにて.

カツオの刺身と岩ガキにて一杯.

天ぷらはお好みコース.

まずはアナゴの骨から.

次にエビ(マキ)×2(頭,身).

あとはあまり覚えていないので順不同(笑)

キス,生椎,松茸,ハモ(梅肉で),アユ×2,ヒネハゼ(ひねた(年くった)ハゼ.珍しいらしい.新しいのはデキハゼというらしい),アスパラ,ペコ玉×2(ペコロス),アナゴ,シシトウ,アオリイカ,アワビ(身,肝),ホタテ(ヒモは生で),ウニ,小柱とエビのかき揚げ

何か書き忘れている気がするけどまあいいや.

で,締めは天茶で.

ごちそうさまでしたdelicious

|

« 雑感080727 | トップページ | 雑感080802 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/120630/42036883

この記事へのトラックバック一覧です: みゆきちゃん:

« 雑感080727 | トップページ | 雑感080802 »