« 原題 | トップページ | 研究所便り »

2007年7月21日 (土曜日)

『余命1ヶ月の花嫁 ~乳がんと闘った24歳 最後のメッセージ~』

今週水曜日(7月18日)の夜中,録画したある番組を見ていました.

タオルが必要になり,ティッシュが必要になり,

いつか号泣していました.

それは『余命1ヶ月の花嫁 ~乳がんと闘った24歳 最後のメッセージ~』

TBS系で18:55からの2時間番組でした.

この感動のドキュメンタリーの内容をご紹介したいと思います.

 

第一章 発覚

画面一杯に女性の笑顔.鼻に酸素吸入器を付けています.恋人が撮影しているのでおどけています.長島千恵さん24歳.おととしの秋(2005年10月),23歳の時に千恵さんは胸に異変を感じました.しこりがあったのです.はじめはあまり気にしていませんでしたが,しこりはどんどん大きくなり,ついに病院へ行きました.CT画像で左胸に影がありました.それは乳がんでした.すぐに抗がん剤の投与が始まりました.当時イベント・コンパニオンをしていた千恵さん.副作用で毛が抜け落ちることにショックを隠せませんでした.2006年春,ウィッグを付けて事務の仕事をする千恵さん.彼女を支えたのは父の貞士さんと恋人.

第二章 出会い

恋人は赤須太郎さん(30歳).IT関連企業に勤務しています.年上の彼の前ではしっかり者の千恵さんが甘えん坊になってしまいます.彼は仕事を終えて毎日泊まり込みで看病してくれています.二人の出会いは2005年12月.太郎さんの会社が参加した展示会に千恵さんがコンパニオンとして来ていたのです.
太郎「はきはきとして目立った.いい子だなと思った」.
2006年1月,太郎さんは千恵さんをデートに誘いました.
太郎「付き合おうよ」
この誘いに千恵さんの答えは,
千恵「ちょっと待って」
なぜならその時千恵さんは,
胸のしこりの検査結果を待っているところだったのです.
結果は乳がん……
千恵「私は乳がん.あなたとは付き合えない」
目の前で泣く千恵さんを見て
自然に次の言葉が出ました.
太郎「一緒に頑張ろう」
同時に始まった二つのこと.がんとの闘いと太郎さんとの交際.2006年1月長野旅行.2006年5月伊勢旅行.2006年8月福島旅行,北海道旅行.楽しい日々が続きました.でも治療は進みませんでした.抗がん剤が効かず,しこりはどんどん大きくなりました.乳房の切除を迫られました.
千恵「おっぱいのない彼女でいいの?なんで千恵を選ぶの?」
太郎「胸がなくても,髪がなくても,千恵が千恵でいるならそれでいい」
ここで千恵さんのブログが紹介されます.
 
<生きてますよ>

久々すぎて書くのもためらうほどのミクシィ。

なんと半年以上放置してました。

それは年明け早々人生を左右する出来事があったから。。。

2006年8月、ながしまは休暇をいただきます。

色々やってきたけど、一ヶ月間何もしないのは始めて。

悪いものをすべて取り払って、
9月からはリニューアルパンダです。

この数ヶ月、何度も何度も折れそうになったけど
辛い事と同じ分だけあったかいものももらった。

もしかしたらこれからもっと辛い事があるかもしれない。

でもね、私にはそれをカバーしてくれるほどの
幸せも感じることができるんだな。

それってすごいこと、とってもありがたいこと。
一生をかけて感謝します。
まわりの人を大切にします。
私もみんなを幸せにできるようがんばります。

にゃはーん。
 
2006年8月左乳房切除.
2006年10月千恵さんは24歳になりました.

第三章 再発

退院後,SEのための勉強を始めた千恵さん.努力の甲斐あって,2007年2月にSEとして採用されました.しかし翌月の3月,また体に異変が生じました.咳が止まらないのです.就職したてで休めない千恵さん,胸に鋭い痛みが走るに至って,ようやく会社近くの病院に行ったのでした.レントゲン像を見た医師が驚いて飛び出してきました.
「なんでこんなになるまでほっといたんですか!早く主治医のところに行って下さい!」
乳がんが胸膜に転移していたのです.2007年3月6日千恵さんは再入院しました.
千恵「またか.でも私なら大丈夫だろう」
ステージⅣの乳がん(他臓器に転移)の場合,患者の5割は3年以内に死亡します.千恵さんのがんもすさまじい勢いで進行しました.
千恵「痛み止めが切れるとのたうち回る.骨が折れそうな痛み.どの体勢も辛い」
骨(激しい痛み)と肺(呼吸困難)に転移していました.
3月28日千恵さんから太郎さんへのメール.
「たろちゃん,ちえ生きたいよ…助けて(;_;)怖いよ」
治らないかもしれないと初めて思った瞬間でした.

第四章 余命

4月4日初めて番組スタッフが千恵さんの病室を訪ねました.仲睦まじい父娘の様子.実は貞士さんと太郎さんはこの五日前の3月30日に,千恵さんの余命を告げられていたのです.
医師「それは一ヶ月……もう少し早くなるかもしれません」
番組スタッフが初めて千恵さんを訪ねたのは,父と恋人が彼女の余命を知った五日後のこと.でも千恵さんは自分の命に期限が切られたことを知りません.
夜,太郎さんが千恵さんをビデオで撮影しています.酸素吸入器を鼻に付けて始終苦しそうな千恵さんの息づかいが聞こえます.
千恵「何を話そうか?」
太郎「毎日何してるの?」
じっとカメラを見据える千恵さん.そして,
「生きてる」
言葉に詰まる太郎さん.
太郎さんは迷っていました.余命を伝えるべきか.結局伝えないことにしました.
「この一ヶ月で最高の思い出を作ってあげよう」

第五章 結婚式

2007年3月千恵さんの願い事はウェディング・ドレスを着ること.友人の湯野川桃子さんにだけ打ち明けていました.
桃子「ドレス姿の写真撮影だけでなく,結婚式も挙げてあげたい」
式場の予約は通常三ヶ月以上前からです.でも桃子さんは必死で探しました.3月31日(告知の翌日)にやっと場所が見つかりました.4月28日に挙げられるところを見つけました.
千恵「そんな先,どんな体調かわからない」
桃子さんはもっと早く挙げられる場所を探して,東京中の式場に電話をしました.その結果,セントグレース大聖堂(東京・青山)で式が挙げられることがわかりました.
桃子「あさってチャペルでドレスが着られるよ」
結婚式前日の4月4日,病室でネイルアートを施される千恵さん.

<再入院>

知ってる人も知らない人も、わたくし再び入院中です。
今回はちょっと長引いていて、気付けばかれこれ1ヶ月入院生活を送ってます。
今まで、病気のことはあえて話す必要はないと思ってましたが、今はもうそんなことはどうでもいい。
むしろ隠すようなことをしてるほうが、不自然だと気付きました。

だからと言って、私こんなに大変なの!なんてことを書く気はさらさらありません。

私には
毎日2時間以上かけてお見舞いに来てくれる父がいる。
娘同然の扱いをしてくれる叔母がいる。
私を含め、親族一同に頼りにされてる頼もしい彼がいる。
岩手や栃木、遠方から遥々顔を見に来てくれる親戚がいる。
ストーカーのように毎日私を気遣ってくれる友達がいる。
私がどんなわがままを言ったとしても嫌いになれないと言ってくれる友達がいる。
まるで本当のママのように不思議なパワーをもって私を包んでくれる素敵な人がいる。
ここが病院であることをすっかり忘れるくらいのガールズトークができる仲間がいる。
「ウェディングドレス着て写真撮りたい」の一言で一生懸命手配してくれた友達がいる。
4月5日に私の体調次第ですが、ウェディングドレスを着る夢が叶いそうです。

幸せです。

当日の4月5日,千恵さんは体調が悪く辛そうでした.でも写真を撮るだけだと思っていた千恵さんに二つのサプライズが.一つは桃子さんが太郎さんとの結婚式を企画してくれたこと,もう一つは太郎さんが自分がお気に入りの結婚指輪を贈ってくれたことでした.以前ブライダル雑誌を見ていた千恵さんが「この指輪いいな」と呟くのを聞いていた太郎さんは,必死に探して前日手に入れたのでした.酸素吸入器を外してとびっきりの笑顔の千恵さん.本当にきれいです.
「このままがんが消えてなくなればいい」
その場にいた全員がそんな奇跡を祈らずにはいられないひとときでした.
「残りわずかな命」
でも千恵さんはその時確実に幸せでした……

<サプライズもいいところ>

4月5日、写真撮りました。思う存分。
写真撮影だと思ってた私に、とんでもないサプライズがありました。

チャペルで式を挙げました。
神父さんの前で結婚指輪をもらいました。

この式は私側の親族と一部の友人のみで正式なものではないけど、「感激」以上の言葉を知っている方いたら教えてください。

私はありえない感動を味わいました。

みなさんに明日が来ることは奇跡です。
それを知ってるだけで、日常は幸せなことだらけで溢れてます。

第六章 父娘

4月10日がんは急速に進行しました.
ここで千恵さんの生い立ちが紹介されます.神奈川県三浦市生まれ,たくさんの恵みがあるように千恵と名付けられました.父貞士さん,母雅代さんの一人娘です.
貞士「たくさんいる赤ちゃんの中で,一番色が白くて器量がいいんだよね.親ばかだね」
千恵さんが小学四年生の時,雅代さんが卵巣がんであることがわかりました.貞士さんは民謡と三味線の師範.千恵さんも歌い始めました.千恵さんが中学三年生の時,母は末期の状態でした.貞士さんは痛みに苦しむ妻の姿を見ていられませんでした.
医師「モルヒネの点滴をすれば痛みはなくなるが,意識がもうろうとして会話が出来なくなる」
医師にそう告げられた貞士さんは苦しむ姿を見ていられず,モルヒネの点滴を選びました.雅代さんは会話が出来なくなり,数日後に亡くなりました.このことが千恵さんに大きな影響を与えました.モルヒネを点滴すれば激しい痛みから解放されます.でもどんなに痛みが激しくても千恵さんは拒みました.
スタッフ「不安はないですか?」
千恵「毎日あります」
スタッフ「良くなったら何をしたいですか?」
千恵「お父さんと旅行に…行きたいです」
でも命の期限は迫っていました.
4月11日のインタビュー.
スタッフ「太郎さんへの思いは?」
千恵「日本語の中にないです.ただの愛でもなく,”かけがえのない人”でも軽すぎる.本当にぴったりの言葉が見つからないです」
スタッフ「お父さんや友だちには?」
千恵「感謝,感謝.そんな言葉じゃ申し訳ないぐらい」
4月11日の夜,友だちと外出して焼き肉屋へ.千恵さんはお肉が大好き.この時に撮ったスナップ写真.これが最後の外出,最後の写真となりました.病室へ戻った千恵さんの容態が急変しました.ベッドに倒れ込みました.
父と娘の間で余命についての会話がありました.
千恵「一年しかもたないって言われた?」
千恵さんは自分の余命を一年と考えていたようですが,実際ははるかに短いものだったのです.
4月13日カメラの前でおどける千恵さん.元気そうなのにはわけがありました.薬がより強力になったのです.すでに鎮痛薬は効かなくなり,麻薬の投与が始まっていました.それを知らない千恵さん.
「調子がいいって言うことはそれを毎日していればずっと調子がいいはずだよね.何をすればいいんだろう?」

第七章 別れ

4月17日体調は急速に悪化しました.父は無言で背中をさすりました.わずか12日前,チャペルで最高の笑顔を見せていた娘の….
父「奇跡を願う」
叔母の加代子さん.9年前母を亡くした千恵さんの母親代わり.その叔母さんに千恵さんは言ったそうです.
千恵「生きてるのって奇跡だよね.いろんな人に支えられて生きてるんだよね.私これで元気になれたらすごい人間になれると思う」
太郎「千恵には,楽しいことがないという日はない」
でも…きらめきの4月はもう終わろうとしていました……
4月27日余命宣告から28日経ちました.効いていた薬が効かなくなりました.脊髄周囲に直接局所麻酔薬を注入して痛みを軽減させていました.父でさえ娘の言葉を聞き取るのが難しくなっていました.
ゴールデンウィーク.去年は太郎さんと伊勢に行きましたが,今年の5月1日はずっとベッドの上.連休中,不思議と千恵さんの体調は落ち着いていました.たくさんの人が来てくれたからかもしれません.
桃子「パンダのシュークリームおいしかった?」
体調が落ち着いているとはいえ,起き上がれない千恵さん.横たわったまま弱々しい声しか出せません.
千恵「パンダ食べたよ」
桃子「わーい!嬉しい!」
友だち「共食いだよ」
桃子,友だち「ふふふっ」
友だち「ますます似ちゃうよ」
千恵「ばかにされてる~」
桃子,友だち「ふふふっ!あははっ!」
こんな会話が出来るのも,千恵さんが痛みをこらえてモルヒネの点滴を拒んでいるから.大好きなみんなと話をするために.その痛みは想像を絶するものだと言うのに.でも笑った後の桃子さんの表情がすぐに曇ります.その表情は千恵さんには見えません.
桃子さんのインタビュー.
「最後まで病室が明るかった.千恵ちゃんに会って話が出来て本当に幸せだなって,本当に心から思った」
5月6日千恵さんは朝から意識がはっきりしません.ほとんど眠った状態でした.
太郎「大好きなアイスをあげても,氷をあげても,全然食べてくれなくて.話も出来ないくらいになって」
叔母「千恵のお母さんが生きていたらきっと千恵もわがままを言えた.もっと”辛いよ”と泣けたと思う.千恵はどんなに泣いても,”もう大丈夫.泣かない.頑張る”そればっかりだった」
親族,友人が集まりベッドの千恵さんを見守りました.

午後4時42分…長島千恵さん永眠.

5月9日闘いを終えた千恵さんの告別式.友だちがお別れに来ました.祭壇の真ん中,そこで千恵さんはウェディング・ドレスを着て微笑んでいます.一月前のあの晴れた日,チャペルで見せたあのとびっきりの笑顔でした.告別式会場の入り口には何枚もの写真.すべて結婚式の時の物.まるで披露宴会場のようでした.
生前千恵さんに聞いたことがあります.
スタッフ「ウェディング・ドレスの次の願いは?」
千恵「なんだろう.いっぱいあるんですけどね.家に帰りたいかな….まず家に帰って,ちょっとみんなを安心させてあげたい」
「家に帰りたい」と話した千恵さん,今やっと家に帰って来ました.
(桜色のかわいらしい骨覆いに包まれたお骨をもって家に入る父の姿)
貞士さんと太郎さん.千恵さんの遺影の前で.
スタッフ「今頃何と言っているでしょう?」
父「がんになったとき,”こんな姿になってごめんね”って,”お父さんごめんね”って言ったんですよ.”絶対に治るから”と言ったんだけど,まさかこんな風になるとは思わなかっただろうね.どういう風に思ってるっていうのはなあ…」
太郎「してあげられるだけのことは全部したので”ありがとう”って絶対言っていると思っています.生きている側としては…もうちょっと話したかったかな…もう一日でもいいから」

長島千恵さん,24年と6ヶ月の生涯でした.

千恵「車いすに乗って,お外へ行って,外の空気はとっても元気になるよ.こんな都会の空気でも」
太郎「ふふふっ」
千恵「外の空気はやっぱり気持ちいいの.風って気持ちいいの.知ってる?」
この時の千恵さんはカメラのレンズではなく,直接太郎さんを見ていました.

第八章 メッセージ

「自分がなるまですごい他人事なんですよね,病気って.病気になってからじゃ遅いんだっていうのをわかってもらって,早いうちに防ぐっていうのがすごい大事だと思うので」
今,この千恵さんのメッセージに耳を傾けてはみませんか?
日本人女性の20人に1人は乳がん.乳がん検診の受診率は日本1割,欧米8割.マンモグラフィーの紹介.1mm単位のがんを発見できる.5分ほどしかかからない.

 

最終章 絆

太郎さんは週に数回は貞士さんの家に泊まります.千恵さんの部屋です.
千恵さんを偲んで友人達がバーベキューをしました.
貞士「この中に千恵がいるような気がするんだよね」

 

『明日が来ることは奇跡』 若年性乳がんで逝った24歳女性 TBS『イブニング5』に反響
2007年7月16日 東京新聞朝刊より抜粋

(略)

 「もうちょっと早く気づいていればこうならなかった、と多くの人に伝えたい」。医師の診断結果は知らされていなかったが、母親の闘病生活も目の当たりにした経験から、自身の病状の深刻さも感じ取っていたらしい千恵さんは、自分の思いを友人を介して同局報道部に連絡。「イブニング5」は四月から亡くなるまで密着取材を続け、五月十、十一日と二日連続で、十分程度の特集「24歳の末期がん」として放送。放送直後から視聴者の反響が殺到した。「命が惜しくないと思っていたが、間違っていた」「今何となく生きている、という人にこの(千恵さんの)姿を見せたい」「何げない生活が本当に幸せなのだと気づいた」-。感動の言葉とともに、再放送を望む声が多く寄せられた。

(略)

 「イブニング5」からは初の特番化となる今回は、番組の三雲孝江、杉尾秀哉両キャスターや小倉弘子、藤森祥平両アナウンサーのほか、千恵さんと同年代の女優・石原さとみ、乳がんの治療に詳しい平松秀子医師も出演。俳優の藤原竜也がナレーターを務め、現在も交流を続けているという貞士さん、太郎さん、友人らの“その後”も伝える。

 また、早期発見の重要性を訴えていた千恵さんの思いを届けようと、日本人女性の二十人に一人がかかるという乳がん治療の現状も紹介する。

 

《動画》

削除されました.

 

《BGM》

番組の全編にわたって,美しい音楽が流れています.

アンドレ・ギャニオン(Andre Gagnon)の

「めぐり逢い(Comme au premier jour)」です.

こちらで試聴できます)

ワタシはこの曲に思い入れがあります.

いろいろな思い出があって,

この曲を聴くだけで泣いてしまいます.

結婚式のシーンで流れていたのは,

S.E.N.S.の「Requiem」です.

こちらで試聴できます)

 

《mixi》

番組でも紹介されていましたが,

千恵さんはmixiの会員でした.

ワタシも先ほど見てきました,

彼女は素晴らしい女性ですね.

最後の日記は5月7日.

太郎さんからのメッセージでした.

「もうりんこからは返事は来ません。りんこは返事をだしたくてもだせなくなってしまいました」

mixi会員の方なら,以下のように検索すると

千恵さんのページを見つけられます.

ニックネーム:りんこ

名前 姓:ながしま 名:ちえ

どの記事もコメントが200を超えていて,

もうコメントは出来ません.

 

《おまけ》

ツボおさえすぎ! ファン垂涎『ガラスの仮面』展

ワタシの愛読書の『ガラスの仮面』.

「Ginkgoさんはガラスの仮面ノートを作って暗記しているに違いない」

と同僚に言われたほど詳しいです.

何度も読み込んでいます.

だから行ってみたいですね.

 

《2007/09/19追記》

下記にコメントをいただいているのんさんから,

再放送に関する情報をいただきました.

「余命1ヶ月の花嫁」再放送決定!!

「余命1ヶ月の花嫁
 ~乳がんと闘った24歳 最後のメッセージ~」


▼10月7日(日) 午後2時~4時
 TBS(関東)、HBC(北海道)、TUY(山形)、TUT(富山)、SBS(静岡)、MBS(関西)、ITV(愛媛)にて放送

▼10月8日(月) 午後2時~4時
 CBC(中部)にて放送

 

一部の地域だけですが,

前回ご覧になれなかった方はぜひ!

この情報は2007/10/02時点でのものです.

下記yamaさんのコメントにありますが,

再放送の予定は変更になることがあるそうです.

リンク先で再確認をお願いします.

 

《2007/10/07追記》

今,再放送が終わりました.

また号泣.

前回は,太郎さんと桃子さん目線で見ましたが,

今回は知らず知らず,お父様目線で見ていました.

どちらも意識的にそうしたわけではありません.

今日の再放送での新情報!

書籍が発売されるそうです!!

 

《2007/10/28追記》

コメント欄でウッピィさんから書籍の情報をいただきました!

●書籍「余命1ヶ月の花嫁」
   定価1400円 マガジンハウス刊
   12月13日(木)全国書店より発売予定

すでにAmazonで予約可能になっています.

 

《2007/12/24追記》

Image

書籍を購入して読みました.

番組を見てわからなかったところが記述してありました.

番組に出演するまでの詳しい経緯.

二人の会話にあった「修行」の意味……等々.

静かに感動できました.

 

《2008/4/22追記》

番組スタッフの方からメールをいただきました.

以下に一部を転載します.

     

さて、今回は「余命1ヶ月の花嫁・特別編」の放送に関してお知らせします。
たいへん多くの方から放送希望が寄せられたことなどから、
5月7日(水)夜6時55分より、
「余命1ヶ月の花嫁~千恵さんが残したもの~」と題して、
千恵さんのドキュメンタリーを放送します。
昨年放送したドキュメントに加え、
千恵さんのメッセージが届いた様々な現場や
千恵さんを囲んだみなさんのその後、についてもお伝えします。
ぜひご覧ください。

また、番組の公式ホームページが先月開設されました。
ご感想・ご意見が書き込めるページなどもありますので、
こちらもぜひ訪れてみて下さい。よろしくお願いします。

http://www.tbs.co.jp/hanayomecaravan/

 

《2008/8/9追記》

映画化が決まりました.

榮倉奈々さん(20)が千恵さん,

瑛太さん(25)が太郎さんです.

2009年5月に公開予定. 

|

« 原題 | トップページ | 研究所便り »

コメント

こんなに一生懸命生きている人に
中途半端なわたしのコメントなんて出来ないです

でも、もし病気になったら・・・
まわりからの支えがあって、自分ががんばっていけるんだなって思えます
最後の最後にずっと幸せだったよと言って一生を終わりたいです

投稿: bakeneko | 2007年7月21日 (土曜日) 18:15

>bakenekoさん

彼女も素晴らしいし,
まわりの家族,友人も
素晴らしいですよね.
検診を受けましょう.

投稿: Ginkgo | 2007年7月21日 (土曜日) 18:21

私は、こういう話はだめです、絶対に見ません。
Ginkgoさんが、長々と書いてくださった文もすべて飛ばしてしまいました。
それだけでも、泣きますもん。
それよか、私の意識はガラスの仮面の方へ・・・。
めっちゃ行って見たい!と、思いました。
おもしろそーっ!

投稿: 茶菜子 | 2007年7月21日 (土曜日) 21:11

>茶菜子さん

「ガラかめ展」はファンなら絶対に行きたいですよね (^_^)
以下のサイトからチラシが入手できますよ.
http://www.setabun.jp/garasu.html

投稿: Ginkgo | 2007年7月22日 (日曜日) 01:12

母は気づいていながら検査を嫌がり、
医者に行った時はもうかなり進行していました。
治らないけど死なないんだって。
と言ってた母も、転移して儚くなりました。
どうぞ皆様、検診を受けてください。
あなたと、あなたを大切に思う人のために。

投稿: にゃにゃにゃん | 2007年7月22日 (日曜日) 20:19

>にゃにゃにゃんさん

検診は本当に大切だと思います。
とにかく早期発見ですよね。

投稿: Ginkgo | 2007年7月23日 (月曜日) 07:56

動画が見れないです・・・・

投稿: ちえり | 2007年7月23日 (月曜日) 17:27

>ちえりさん

YouTubeで削除されましたね.
まあ当然ですけど.
有償でもいいですから
TBSには早く映像を
提供して欲しいですね.

投稿: Ginkgo | 2007年7月23日 (月曜日) 19:11

私コレ途中までしか見れなかったんですよね~。
だから続きが早く見たいです・・・・

投稿: ちえり | 2007年7月24日 (火曜日) 08:47

>ちえりさん

土日の夕方か深夜に
再放送があると思いますよ.
情報を入手したらこのブログでも
お知らせします.

投稿: Ginkgo | 2007年7月24日 (火曜日) 19:05

番宣で見た千恵さんの笑顔があまりにも可愛くて、私は結婚式のシーンをチラッみただけで全てを見ることはできませんでした。
けど、少し見ただけの彼女やお父様のことが頭を離れず、彼女の日記や色んな人のブログを見ている中でここを見つけました。
こんなに詳しく書いてくださり、伝えてくださりありがとうございました。
再放送があれば今度こそ必ず見ます。

投稿: のん | 2007年7月26日 (木曜日) 10:33

私もこれ途中から見ました。というより、帰ったら、アーコが号泣しながらこれを見てました。
私の友人でも20代で乳癌になり、30代で亡くなった友人がいます。周りにもガンのヒトがいます。もう亡くなったヒトも数人います。最後に立ち会うほど親しかったヒトもいます。
だから、こういう系の話は苦手です。
頑張ってない、がん患者はいないのですから。

投稿: nino | 2007年7月26日 (木曜日) 11:15

>のんさん

ワタシもあの笑顔に惹かれました。
ぜひとも多くの方に
知っていただきたいと思いました。
後半はくたびれてしまいましたが、
のんさんのコメントを読んで、
苦労が報われました。

>ninoさん

祖母と伯母をがんで亡くしています。
モルヒネのことは伯母の時に経験しました。
確かに意識が朦朧としてしまうんです。
おとといのイブニング5で、
また取り上げられていましたね。

投稿: Ginkgo | 2007年7月26日 (木曜日) 17:34

こんにちわ。

今ならニコニコ動画で見ることができますよ。
こちらも削除されるでしょうから、お早めに。

http://www.nicovideo.jp/watch/sm671760
http://www.nicovideo.jp/watch/sm671872
http://www.nicovideo.jp/watch/sm672196

「コメント非表示」をオンにすることを忘れずに!

投稿: woodstock | 2007年7月26日 (木曜日) 19:19

>woodstockさん

情報提供ありがとうございます.
まだご覧になっていない方は
にこどーへGO!
(登録が必要です)

投稿: Ginkgo | 2007年7月26日 (木曜日) 23:02

テレビ放送でも泣けたのですが、
Ginkgo様の文章を読んで
再度、涙・・・。
内容紹介、ありがとうございました。

投稿: よしと | 2007年7月27日 (金曜日) 05:57

>よしとさん

まだまだ不完全なのですが、
テレビの感動の数%でもお伝えできればと
思って書きました。
ですからそのように言っていただけると
とても嬉しいのです。
こちらこそありがとうございました。

投稿: Ginkgo | 2007年7月27日 (金曜日) 07:58

めっちゃ泣きました。こないだの再放送を見逃してしまって...
こんなに詳しくありがとうございます。
私のブログでこのページを紹介させて頂いてもよろしいでしょうか??

投稿: おれんじ | 2007年7月29日 (日曜日) 03:29

>おれんじさん

ブログでご紹介下さるとのこと.
ありがとうございます.
多くの人に知っていただきたいのです.
TBをいただけると嬉しいです (^_^)

投稿: Ginkgo | 2007年7月29日 (日曜日) 06:21

ありがとうございます。すみませんTBとは何でしょうか。

投稿: おれんじ | 2007年7月29日 (日曜日) 07:41

>おれんじさん

略してごめんなさい m(__)mペコ
トラックバックのことです.
可能ならですので,
だめでもokです (^_^)

投稿: Ginkgo | 2007年7月29日 (日曜日) 08:39

すみませんないっぽいですm(__)mごめんなさいυ

投稿: おれんじ | 2007年7月29日 (日曜日) 08:44

>おれんじさん

諒解です.
どうぞお気になさらずに (^_^)

投稿: Ginkgo | 2007年7月29日 (日曜日) 08:53

はじめまして。テレビの放送を見ることができなかったのですが、私は最近死に直面することが多くて、「人の死」の話を避けていたのですが千恵さんの話をどうしても知りたくてGinkgoさんのお話を読むことができて嬉しいです。
ありがとうございました。
私にできる事を頑張っていこうという前向きな気持ちになれました。

投稿: 友花 | 2007年7月31日 (火曜日) 13:41

>友花さん

はじめまして.
この記事は番組の詳細を
記述してありますので,
友花さんのように
テレビを見られなかった方が
いらっしゃることが多いようです.
できるだけ客観的に書こうとしましたが,
どうしてもだめでしたね.
お役に立てたのなら嬉しいです.

投稿: Ginkgo | 2007年7月31日 (火曜日) 18:56

この前コメントをさせていただいた後にYouTubeで画像を見ることができました。Ginkgoさんのお話が本当にそのままで、これだけ長いお話をよく忠実に文章で表現できたなぁと関心いたしました。
ありがとうございました(_ _*)!

投稿: 友花 | 2007年8月 3日 (金曜日) 18:54

>友花さん

どのような形であるにせよ,
この番組をご覧になることができて
良かったですね.
ワタシの文章は
思い入れが強すぎます.
「忠実に文章で表現できた」
とお褒めいただくと,
とても恥ずかしく思います.
もともとかわいい方なのですが,
結婚式での千恵さんは
とてもお綺麗でしたでしょう?
その千恵さんを見つめる
太郎さんの眼差しは,
とてもお優しかったでしょう?
どんな名優でも
あの表情はできません.
 
友花さんは最近
お辛い思いをされているようですね.
(Nurseさん,あるいはCo-medical staffの方でしょうか?)
友花さんのこのコメントに
こちらこそありがとうと
申し上げたいです.
「私にできる事を頑張っていこうという前向きな気持ちになれました」

投稿: Ginkgo | 2007年8月 3日 (金曜日) 22:02

10月7日のTBSの再放送は
14:00~15:54です。
(2007.9.29現在)

再放送の予定は変わることがあります。
確認してください。

投稿: yama | 2007年10月 2日 (火曜日) 17:44

>yamaさん

ご指摘ありがとうございました.
本文を修正します.

投稿: Ginkgo | 2007年10月 3日 (水曜日) 07:09

再放送色々な人に見て欲しいですね。
今の世の中は生きているのに死んでるような人
自分さえよければとしか考えない人で溢れてます
生きたかったのに生きれなかった辛さ悔しさ
悲しみはその当人にしか決してわかりません。

こういう番組を見ても必ず屁理屈を言う人達が
たくさん出てきますが、素直に受け入れて素直に
感動できる人間になりたいものですね。

あんなかわいい笑顔をした健気に最後まで諦めず
生き抜いた千恵さんは本当に素敵な女性です。
彼女はいつだってみんなを見守っていてくれてるはずです。

投稿: 希望 | 2007年10月 4日 (木曜日) 23:17

>希望さん

いよいよあさって再放送です。
やはり望む声が多かったのでしょうね。
幾度となく録画を見ましたが、
また再放送を見てしまうと思います。

投稿: Ginkgo | 2007年10月 5日 (金曜日) 08:03

Ginkgoさんの言う通り望む声多かったんですね。
実は自分も結婚しようと思っていた彼女が
骨髄性白血病で付き合ってからたった1年2ヶ月の
26才でこの世から去っていきました。
代われるものなら代わってあげたかったです。
亡くなる数日前に「いつも優しくしてくれて感謝してるんだぞ、
ありがとう」と言われた事を思い出します。
人は皆誰かを支えて誰かに支えられて生きているんだなと…
最後まで懸命に生き抜いた千恵さんの記録たくさんの人に
見て欲しいですよね。

投稿: 希望 | 2007年10月 6日 (土曜日) 01:32

>希望さん

そうでしたか.
お若いのに辛い思いをされましたね.
でも希望さんのフィアンセも
千恵さんのように素晴らしい女性
だったのですね.
感謝の言葉を残して……

投稿: Ginkgo | 2007年10月 6日 (土曜日) 12:37

Ginkgoさん、こんにちゎ。
以前に私のブログへ訪問いただき、この番組の再放送情報を教えてくれて有難うございましたァ☆
おかげさまで、今日の記事で宣伝告知をすることができ‥感謝&感激です!
太郎さんも再放送が決定して喜んでいました('-^*)/
私はユーチューブで見ただけなので、綺麗な映像で再放送を観るね。ホンマおおきにでした♪

投稿: 藤花 | 2007年10月 6日 (土曜日) 13:58

>藤花さん

再放送の情報は,
上記コメンターの
のんさんから教えていただきました.
ウェブログという形で
情報発信をしていて
良かったなあと思います.

当ブログを記事で
ご紹介いただいている藤花さんには,
千恵さんに対しての感動を
ワタシと共有している藤花さんには,
この情報を是非ともお知らせせねば!
と思いました.
多くの方々に見ていただきたいという思いも
同じだからです.

投稿: Ginkgo | 2007年10月 6日 (土曜日) 16:23

私の母は去年の暮れ、乳癌になり部分切除をしました。
そして今年の春から放射線治療を始めたところ、今度は肺癌で6月の末に入院し、7月には6時間に及ぶ大手術をしました。
入院中に76歳の誕生日を迎え、我が家に戻ったのも束の間で、今は抗癌剤治療のためにまた入院しています。
抗癌剤が効いても余命は1年。効かなければ3ヶ月から半年だろうとのこと。
医師には余命の宣言をしないようにいいましたが、抗癌剤治療をするためにはある程度のことを本人に知らさなくてはならず、進行癌でステージⅣということは話しました。

たった今、病院に松茸の土瓶蒸しを持っていったところ、美味しいといってすっかり食べていました。
そして、以前から秋田の玉川温泉に行きたいといっていたので、来年の春にでもいこうといって別れてきたばかりです。
そのときは母は、春じゃ、どうなっているか分からないし・・・
それを聞いたとき、やっぱり母は自分の余命を悟っているのだと、私は複雑な思いでその言葉を聞いていました。
それなら近くの温泉でもいいしというと、そうだねと応えていました。

母は胃の調子が悪く街医者に30年通っていました。その医師が自分のところでは分からないから大学病院へ行くようにいってくれていたなら、こんな事態にはなっていなかったでしょう。

千恵さんに比べれば3倍以上の長きに亘り生きてきたとはいえ、70半ばで2度の手術はあまりにも酷です。
こうならないためにも、若いから病気なんていっている方たちに、乳癌だけでなく、人間ドックに行くことをお勧めします。早期の癌ならリスクはかなり低いです。
かくいう私も3年前に胆嚢癌を摘出し、今は年齢相応の健康を維持しています。

人生を病のために絶たれることのないよう、健康に留意してほしいものです。

千恵さんのご冥福を祈るとともに、彼女の恋人と父、叔母様にご苦労様といいたいです。

投稿: dejavue | 2007年10月 7日 (日曜日) 15:42

>dejavueさん

ワタシは医師ではありませんが,
時々母の触診をしてあげています.
方法はネットで公開されていますし,
母も嬉しそうだからです.
7年前にしこりを見つけて,
T大病院で検査を受けさせました.
がんでなく繊維腺腫で
ほっとしました.
dejavueさんのおっしゃるように,
若い方々にこそ,
健康に留意して
検査を受けて欲しいですね.

投稿: Ginkgo | 2007年10月 7日 (日曜日) 18:21

今日はじめて番組を見ました。
涙涙の連続で感動しました.同じ二十代の娘を持つ父親です、もしも自分の娘が千穂さんと同じ病気で余命を告知されると父親として娘に何をしてあげられるとしたら、きっと何もしてあげられないかもかもしれません。今頃はきっと千穂さんもお母さんと会って幸せに天国で暮していると思います。また二人でお父さんを見守っていると思います。

投稿: hiroshisati | 2007年10月 8日 (月曜日) 01:53

昨日番組を、見ました。ほんとうに涙がとまりませんでした。ぼくの彼女も24才で彼女と一緒に見ていました。普段どれだけ健康で生きていられるということが、幸せだということがつくづく実感しました。番組の中でアンドレ・ギャニオンの音楽が流れていました。購入して聞いています。
長島千恵が一生懸命生きようと頑張ってる姿やウエディング姿など思い出すたびに、朝になっても、涙がとまらないです。今日朝、父と母と姉に普段電話などあまりしませんが、電話をしました。普段口にしない言葉ですがありがとうって言いました。
彼女にも乳癌検診につれていくことにしました。長島千恵さんは天国でお母さんと会って幸せに暮らしている光景を感じます。
長島千恵さん最後に残してくれた言葉や感動や、命の大切さ、けして忘れません。

投稿: KEN | 2007年10月 8日 (月曜日) 09:26

>hiroshisatiさん

ワタシにはコドモはおりませんが,
今回の再放送は
なぜかお父様目線で見ていました.
奥様と娘さんを亡くされて,
おかけする言葉が見つかりませんが,
hiroshisatiさんが
おっしゃるように,
お二人は見守っていると思います.

>KENさん

健康が最高の幸せであることを
普段意識することは
あまりないですよね.
千恵さんはそれを教えてくれました.
たくさんの恵みがあるようにと
名付けられた千恵さん.
今はたくさんの恵みを与えています.

投稿: Ginkgo | 2007年10月 8日 (月曜日) 10:01

こんにちわGinkgoさん。
昨日この千恵さんの記録を見られたたくさんの方々は
様々な想いを感じたと思います。
病気への不安・怒り・恐怖・苦痛・悲しみと
父や彼や友の思いやり・優しさ・感謝の気持ちと
千恵さんが太郎さんに送ったメールに
「生きたい…助けて…」と書かれていました。
千恵さんの本心の叫びがここにあり心が揺さぶられました。
でも彼女の凄い所はいつでも希望を持ち続けていた所です。
命を懸けてたくさんの贈り物をみんなにくれた千恵さんに
感謝の気持ちを込めてありがとうと言いたい。

千恵さん、よかったですね。
あなたの言葉あなたの想いは
たくさんの人達に届いていますよ!


投稿: 希望 | 2007年10月 8日 (月曜日) 12:59

>希望さん

多くの方が感動したようですね.
このブログも普段の20倍以上の方が
訪ねてくれています.
千恵さんの気持ちが
もっとたくさんの方に
届きますように!

投稿: Ginkgo | 2007年10月 8日 (月曜日) 13:14

千恵さんはきっと天使になったと思います。
いつか会ってお話ししたいですね。。。

投稿: キャリスタ | 2007年10月 9日 (火曜日) 19:34

>キャリスタさん

天使になって,
太郎さん,貞士さん,みんなを見守っていることと思います (^_^)

投稿: Ginkgo | 2007年10月13日 (土曜日) 10:14

天国でも幸せになってください
いいことがありますように・・・・・

投稿: tsugu | 2007年10月18日 (木曜日) 18:10

>tsuguさん

メッセージをありがとうございました.
ワタシも千恵さんの幸せを祈ります.

投稿: Ginkgo | 2007年10月19日 (金曜日) 07:16

再放送を偶然観たのですが、もう号泣でした。
録画しておかなかったことを激しく後悔しています。
また再放送なんてことはどなたか情報をお持ちではないですか?

投稿: yuka | 2007年10月19日 (金曜日) 17:17

>yukaさん

5月(ニュースの特集として),
7月,10月と放送されましたから,
再放送はしばらくはないと思います.
情報を入手したらご紹介しますね.
DVD化の方が早いかもしれません.

投稿: Ginkgo | 2007年10月19日 (金曜日) 18:29

すみませんmixiで探すには?検索方法教えてください

投稿: りな | 2007年10月24日 (水曜日) 21:37

>りなさん

本文にも記しましたが、
以下の検索ワードでokです。
ニックネーム:りんこ
名前 姓:ながしま 名:ちえ
検索の仕方がわからなかったら、
ログイン後、以下のURLをコピペして下さい。
http://mixi.jp/show_friend.pl?id=1626245

投稿: Ginkgo | 2007年10月25日 (木曜日) 08:07

はじめまして。
私も7月の放送を見て気に掛かりmixiに登録し、色々と見て回りました。
mixiに限らず色々なブログでも取り上げられていて反響の大きさが伺えます。

さて既出の書籍の件ですが11月29日1400円で全国発売されるそうです。
http://www.tbs.co.jp/eve5/feature/20070718_sp.html
番組で放送し切れなかった事も掲載されるようです。
ぜひ全国の女性に読んで頂きたいですね。


投稿: ウッピィ | 2007年10月27日 (土曜日) 22:49

>ウッピィさん

はじめまして (^_^)
書籍の詳細が決まったんですね.
情報ありがとうございました.
本文で紹介させていただきます.
ブログのおるすばんへ
お名前を登録していただいて
ありがとうございました.

投稿: Ginkgo | 2007年10月28日 (日曜日) 11:32

はじめまして。
以下の地域で再放送されるそうです。


RCC(広島) …12月9日(日)15:00
OBS(大分) …12月15日(土)14:00
MBC(鹿児島)…12月22日(土)14:00

明日発売予定だった本の出版が12月13日に販売延期になりましたね。
(*^ー^*)早く読みたいです。

投稿: ももちゃん | 2007年11月28日 (水曜日) 13:25

>ももちゃん さん

はじめまして (^_^)
情報ありがとうございました。
多くの方に見て頂きたいですね。

投稿: Ginkgo | 2007年11月28日 (水曜日) 17:20

初めまして。以前よりこちらのブログを拝読させていただいております、千恵さんからのメッセージに涙した者の一人です。
先日、風邪を引いて行った病院の待合室で偶然、千恵さんのことが放送されており、あぁ、やっぱり千恵さんはみんなの、そして僕の心の中にも生き続けているんだと感じました。
書籍も機会があれば購入したいと思います。

投稿: けい | 2007年12月16日 (日曜日) 09:31

>けいさん

はじめまして (^_^)
先週再放送がされたことで,
このブログにも多くの方が
アクセスして下さっています.
(普段の5倍くらい)
ワタシは今日書籍を発注しました.
楽しみです.

投稿: Ginkgo | 2007年12月16日 (日曜日) 11:06

Ginkgoさん、こんばんは。
ついに読みました。
会社への行きと帰り…いい年した男が、
涙が出そうになるのをこらえながら、
鼻をすすって本を読んでいる姿は
自分で想像してもちょっとおかしいと
思われるかもしれませんね(^^;)
自身、本を読んで泣きそうになることは
本当に珍しいです。
そして、また、千恵さんに大切なメッセージを
いただきました☆
動画とかなくなってしまったみたいですね。
また元気な姿の千恵さんに会いたくなりました。

投稿: けい | 2008年1月10日 (木曜日) 22:11

長島千恵さんのmxi検索方法を記載しリンクされていますが、削除した方が良いのではないですか?
彼女のmixiは静かにしてあげるべきです。

投稿: | 2008年1月11日 (金曜日) 00:45

>けいさん

番組を見て「?」だった部分が、
書籍で解説されていました。
すっきりした気分です。
千恵さんからのメッセージに
静かに感動できました。

>名無しさん

彼女のmixi記事は番組でも書籍でも
公開されています。
(例えワタシが削除しても検索は容易ですね)
記事を読むことで
彼女のメッセージを深く理解できます。
彼女は記事をマイミクだけでなく
「全体に公開」していますよね。
太郎さんは
このメッセージを伝えたいのでは
ないでしょうか?

投稿: Ginkgo | 2008年1月11日 (金曜日) 08:08

昨年末に初めて長島千恵さんを知りました。
本を読んだら番組が見たくなって・・。
どなたか録画を譲ってくれないでしょうか?

投稿: ロキ | 2008年1月24日 (木曜日) 00:09

上から3つめのコメント[ぷそヤス]さんのHPから動画見れますよ
 
千恵さんがお父さんと式場に入ってくる時に
流れている曲はなんですか?
アヴェ・マリア?
 
アヴェ・マリアを試聴しても違うような気がして・・・

投稿: | 2008年1月24日 (木曜日) 01:44

千恵さんがお父さんと式場に入ってくる時に
流れてる曲はアヴェ・マリアですね><
 
クラシックに疎いものですみません。
自己解決です。

投稿: | 2008年1月24日 (木曜日) 02:57

>ロキさん
>名無しさん

いらっしゃいませ。はじめまして。
え~と、
ワタシがコメントするまでも
ありませんね (^^;)

投稿: Ginkgo | 2008年1月24日 (木曜日) 07:59

はじめまして、
~~The Story of Hannah~~のkira--kiraです(本当はHannahです^^;)
ご連絡差し上げる前にコメントしていただいてありがとうございました
&ご連絡しないで申し訳ありませんでした。

私は長島千恵さんの実録として読んだというよりも、自分の未来予想図のような意味合いで読みました。この現状が少しでも変わってくれることを祈っています。

最近私も病気でいてお医者さん、薬剤師さんにかなりお世話になったのでヤクザイシさんのブログなんてちょっと惹かれます。
これからも遊びに来ます♪

投稿: Hannah | 2008年1月24日 (木曜日) 20:26

>Hannahさん

お名前を間違えてゴメンナサイ!
連絡は必要ないですよ~ (^^)
リンクフリーです。
アクセス解析をしていて
Hannahさんのブログを見つけて、
それでコメントさせて頂きました。
薬剤師ではなくヤクザですが(笑)、
これからもよろしくお願いします!

投稿: Ginkgo | 2008年1月25日 (金曜日) 08:02

ずっと気になってたんですが、今日ようやく買いました。読み出したら止まらなくて一気に読んでしまいました。途中から気づけば号泣状態。本とか映画とかで泣いたのは初めてです。私も大切な人を沢山亡くしました。そのことが思い出されて・・・。そして、今の大切な人をもっと大切にしたいと思いました。千恵さんは、本当に凄い人です。千恵さんのご冥福と残された人たちが今後幸せになれることを心から祈りたいです。

投稿: もっちゃん | 2008年1月31日 (木曜日) 21:06

>もっちゃん さん

千恵さんは素晴らしい。
まわりの仲間も素晴らしいですよね。
残念ながら放送をご覧になれなかった方が、
書籍で千恵さんのことを知ったようです。
どのようなメディアであるにせよ、
千恵さんと残された方々の思いが
伝わればいいですよね。

投稿: Ginkgo | 2008年2月 1日 (金曜日) 08:04

Ginkoさんこんにちは♪
先日はメッセまりがとうございました(^^♪

・・・っていうか、BGM紹介されていたんですね!日記のBGM紹介のところ、全く今まで気づきませんでした。。。
読み飛ばしていたみたいです。。。m(__)m


S.E.N.S.の「Requiem」ですけど、
あすなろ白書の挿入歌ですよね!!!

セントグレースから出てきた2人のシーンで流れたときに
すぐ「あっ!この曲♪」
って気づいたんですけど、
あまりにも記憶がうる覚えで。。。

「あすなろ白書の挿入歌だったはず!だけど、でもこれTBS番組だよなぁ。。。
これって、例えばラブストーリは永遠にの挿入歌をTBSで流すのと同じようなことでし
ょ。やっぱり記憶違い??
おいらもしかしてボケ始めたか??」

って、ずーーーっとあーでもないこーでもないって悩んでいたんです^_^;。。。
やっとスッキリしました~☆まりがとうございまーす。
っていうか、オイラもこの曲にはかなり思い入れがあります。。
あぁ懐かしい~(;_;)

思い出せてよかった♪
Ginkoさんに感謝してます☆

あっ、あまりにもいてもタってもいられないので
セントグレース行っちゃいました(^^♪

ではまたぁ~(^o^)/

投稿: ちょーかん | 2008年2月 3日 (日曜日) 03:52

>ちょーかんさん

そうです.
あすなろ白書の挿入歌です.
ドラマの挿入歌が他局で
使われるのは,
実はよくある事です.
さすがにクールが
終わってからですが (^_^;
ワタシは一時期
週に10本見ていたことがあって,
(しかも録画したものを
土日にまとめて見た)
他局で使われると
すぐに気づきました.

投稿: Ginkgo | 2008年2月 3日 (日曜日) 07:40

Ginkgo さんこんにちは!
・・てかゴメンナサイ~
この前コメした時
Ginko さんって書いてました。。。
gが抜けてマシタ。。。
大変失礼しました~(*- -)(*_ _)ペコッ

ドラマの挿入歌が他局で使われるのは
よくあることなんですね~( ̄∇ ̄ ;)!!
それより週に10本ってすごいですね(゚□゚)
これからも遊びに来ますので宜しく
お願いしまーす☆
目指せアクセス神奈川県1位d(>_・ )!

投稿: ちょーかん | 2008年2月 4日 (月曜日) 13:11

>ちょーかんさん

ワタシのハンドルは,

もともと誤記から生まれた変な英単語なので,

コチラの記事をご参照ください)

お気になさらずに (^_^)b

さすがに他局のドラマに使われることはなくて,

ドキュメンタリーとかが多いですね.

投稿: Ginkgo | 2008年2月 4日 (月曜日) 18:31

またまたおじゃましてます。
TBSのHPを見ていたら、
5月7日に再放送があるようですね。
この一年、千恵さんに大切なものを
いただいて過ごし、また彼女に
TVでお会いできるかと思うと
今から楽しみです。丁度一年前の
今頃、千恵さんは癌と闘っていたの
かと思うと辛くも感じますが、
再放送、また見たいと思います。

投稿: けい | 2008年4月27日 (日曜日) 22:08

Ginkgoさんこんにちは!
初めましてです!
私は友達に借りた本で千恵さんのことを知りました。
私は今年1月に結婚したばかりで周りが見えていないところがありましたが、自分と同い年である千恵さんの本を読んだとき、すごい胸が痛くなり、当り前のように結婚した自分たちがすごく恥ずかしくました。
TVでの再放送を心待ちにしていたのですが、もしかしたらまた特定地域のみの放送で映らないかも・・・と思うと気が気でなりません。
TBSのHPも見ましたが、放送局は書かれていなかったような。。。
自分たちのTV局のHPも確認しましたが、まだ載っていませんでした。
Ginkgoさんはその情報は持ってますでしょうか?もし映らない場合は今のうちになんとか根回ししてDVDをGETしたいと考えておりますので、何卒よろしくお願いします。


投稿: ゆか | 2008年4月28日 (月曜日) 08:30

>けいさん

ご無沙汰です(^_^)

5月7日の番組について,

当ブログでもコチラでご紹介しています.

前回の再放送に加えて+αがあるようで,

ワタシも楽しみにしています.

投稿: Ginkgo | 2008年4月28日 (月曜日) 16:44

>ゆかさん

初めまして(^_^)/
具体的にどの放送局で
放映されるかの情報は,
残念ながらまだ持っておりません.
わかったらご紹介しますね.

投稿: Ginkgo | 2008年4月28日 (月曜日) 16:50

なんでこんな番組作るんだ?
こんな辛い番組、見たくもないよ
こんなん観て涙して気持ちいいかよ?
バカじゃねぇか
人の不幸がそんなに面白いんかよ
うちのバカ嫁が涙ポロポロ流しながら観てる
俺は耐えられないよ
何処にでもそこら中にある話しなんだぜ
自分にも十分起こりえる話しなんだ
この人はこの人なりの一ヶ月だったんだ
あんたはあんたの人生がある
こんな番組観て涙しながら
お前らは楽しんでるんだろうが!バカやろめ
あんたらの、その感動は偽物だ~

投稿: 本音書くよ | 2008年5月 7日 (水曜日) 20:24

先日に、同じようにガンで亡くなった
父を思い出しました。
番組が進むにつれて、父と似た症状になって
いくのが、とてもとても・・つらいですね。
生死の区別が、ゲーム化しているこの世の中で、
生きている事・死んでしまう意味を
今一度、考えないといけませんね。

投稿: まなぶ | 2008年5月 7日 (水曜日) 21:01

詳しく説明していただいてありがとうございます。テレビでちらり拝見し、自身のブログでも紹介したいのでリンク&トラバ頂きます。

投稿: はなこ | 2008年5月 7日 (水曜日) 21:33

>本音書くよ さん

番組のどこに着目するかは
人によって違うこと.
あなたのように「死」にしか
目を向けられない人と,
千恵さんの言葉から,
むしろ「生」を見つめ直す人.
せっかく二通りの見解を有する
ご夫妻なんですから,
お二人で語り合われた方が
よっぽど建設的なんですけどね~
こんなブログで管巻いてるよりw

>まなぶさん

まなぶさんのおっしゃる通り,
「生」と「死」について
考えさせられますね.
がんで近親者を亡くされた方々は,
また特別な感情を
抱かれると思います.

>はなこさん

そう言っていただけると,
苦労が報われた気がします.
ご連絡ありがとうございます.
こちらからもTB送りますね.

投稿: Ginkgo | 2008年5月 8日 (木曜日) 19:09

彼女は自分の死を予感しながら周囲に
辛い思いをさせないように一生懸命
頑張りました。
究極の思いやりと愛情だと思いました。

投稿: アライグマオスカル | 2008年5月 8日 (木曜日) 23:17

ちゃんと番組見る前は、少し抵抗がありました。
すごく取り上げられてて関心を集めてるけど、みんなただ「かわいそう」って泣きたいだけなんじゃないかって。
でも本になるくらいだし、反響もすごいし、だから「かわいそう」ってだけじゃないと思い、何かを学びたくて、全部見ました。

「風って気持ちいいんだよ」
「生きてる」

こんな言葉いえません。当たり前だと思ってた。
病気の祖母を車椅子に乗せて散歩にでかけようと思いました。
毎日に感謝して生きなくては・・・と思いました。

投稿: あやっぺ | 2008年5月 8日 (木曜日) 23:36

>アライグマオスカルさん

あのような状態なのに,
周りがよく見えていますよね.
しかも元気を与えてしまう.
良い人のところには,
良い仲間が集まります.

>あやっぺさん

あやっぺさんが仰るように,
ただの「お涙頂戴」の番組では
ないのですね.
確かに悲しい結末ではあるけれど,
かわいそうとか,同情しちゃうとか,
そんな気持ちだけではなく,
「生」に目を向けさせるのですね.

投稿: Ginkgo | 2008年5月 9日 (金曜日) 23:31

昨日、障害を持つ母と見ました。
こちらの地方テレビでは
昨日のお昼過ぎから放送されたからです。

今朝も母と千恵さんの話をしました。
「あの子も立派だけど、まわりの人たちが
とてもいい人ばかり。」
母がしみじみ話してた。

感謝という言葉では申し訳ないと言った
千恵さんの言葉の意味が
昨日の放送で本当によくわかりました。

千恵さん、あなたが人を良いほうに
変えてくれてる。


投稿: ロキ | 2008年5月12日 (月曜日) 21:39

>ロキさん

お母様の仰るとおりですね.
良い人のところには,
良い仲間が集まります.
あの番組から何を得るかは
人それぞれですけれど,
前向きな気持ちにしてくれます.

投稿: Ginkgo | 2008年5月14日 (水曜日) 18:53

私の母は昨年9月に乳癌が発覚しました。

早期発見で、ステージ1との診断。1ヵ月後に癌を摘出する手術を受けました。結果、思ったより癌が大きく、ステージ2だったことが、わかりました。

その後、放射線治療、抗癌剤治療をしています。

私の母は早期発見だったので、既に手術でもう癌はないはずですが、念の為、抗癌剤治療をしています。細胞レベルでは、まだ癌が隠れているかもしれないからです。人により、抗癌剤治療でなく、ホルモン剤投与だったりしますが、うちのは母はホルモン剤だと効かない体質?なのか癌の種類で効かないのか?どっちかで、現在抗癌剤治療中です。でもそれも夏には終わります。

発見から1年後、治療が完了している状態になります。

私もそうですが、やはり癌となると、その響きだけで恐ろしくなり、検査さえも結果が怖くなったりしますが、乳癌は早期発見なら、ほぼ治る病気だし、早期発見ならば早期発見なほど治療も楽・・・と考え、怖がって検査しなかったりせず、早め早め、そして定期的に検査することが大切だと痛感しました。

私も今年、乳癌検診、子宮癌検診を受けました。30歳以来、2回目です。今後は、毎年、もしくは私のお医者さんは一年半に1度位でも良いと仰っていたので、それを目安に検査しようと思います。

また、家族にいる場合、なる確率も高まるようなので余計です。

ちなみに母は、入院は手術の時の1週間と、抗癌剤治療の時、1泊入院する以外は、ほぼ普通に生活していますし、今のところ、抗癌剤治療で髪も抜けていないです。

知り合いのお母様は、もうちょっと進んでいたらしく、手術の前に先に癌を小さくする為の抗癌剤治療をされ、髪も抜けてしまったようです。

早期発見は本当に大事だと思います。

余命一ヶ月の花嫁をみて、乳癌=死というイメージで、返って検査を避けることのないよう、ちえさんの最後のメッセージを無駄にしないよう、皆さん、定期的に検査を受けることを、私も願っています。

付け加えると、母は毎年、乳癌検診をしていました。でも特に毎年問題なく、ある時、いつも受けていた検査センターがなくなってしまい、普通の病院で検査することになり発覚しました。もしかしたら、検査センターでは見つからなかったのかも・・・とも言っています。運良く、母は、乳癌の名医がいる病院で検査したのですぐ見つかり、その先生に手術もして貰い、術後の経過も良かったそうです。だから私も、同じ先生に診て貰いました。今後も、無料の検査センターとかでなく、あえて乳癌の専門医がいる病院で受けようと思います。

毎年でなくても良いですが、もし毎回、検査センターの検査の方は、たまに専門医のいる病院でも検査してみると良いかも?とも余談ですがちょっと思います。

投稿: Rasukaru | 2008年6月 7日 (土曜日) 15:55

追記;
抗癌剤治療中の母は、旅行にいけるくらい元気です。

皆さん、怖がりすぎず、検査しましょう!早期発見が大事です!!!

投稿: Rasukaru | 2008年6月 7日 (土曜日) 15:58

>Rasukaruさん

ワタシの母も
検診で陰が見つかりました.
それを聞かされたとき,
暗澹たる気持ちにさせられました.
でも母は,
元気とは言えませんが,
今も生きています!

Rasukaruさんが仰るとおりです!
検査!早期発見!

投稿: Ginkgo | 2008年6月 7日 (土曜日) 20:08

今晩は☆彡以前こちらにおじゃましましたけいといいます。

今日、ラジオを聞いていて「余命一ヶ月の花嫁」が映画化されることを知りました。来年公開のようですね。

僕はまた、観ると思います。千恵さんを知ってからの去年、今年、そして映画の来年と“生きてる”ことを教えてもらっています☆彡

投稿: けい | 2008年11月 6日 (木曜日) 22:51

>けいさん

ご無沙汰です。
本文中にも追記しましたが、
榮倉奈々さん(20)が千恵さん、
瑛太さん(25)が太郎さんで、
2009年5月に公開予定movieだそうです。
楽しみですねhappy01

投稿: Ginkgo | 2008年11月 7日 (金曜日) 07:47

ご無沙汰ですhappy01あ、追記あったんですね^^;)
はい!楽しみですね!!ハンカチ準備です。

投稿: けい | 2008年11月12日 (水曜日) 22:00

桃子は水咲涼子ってAV女優。
http://www.adultdvd.jp/catalog/product_info.php/products_id/4904

千恵さんもAV女優。
http://jp.youtube.com/watch?v=ZD-3Wof0HF0

投稿: AV女優 | 2008年11月19日 (水曜日) 03:38

2CHの特定能力はよく知ってる。
AV出た事あったんでしょうね・・・・
でも、余命1ヶ月って知って精一杯生きた事は変わらないだろう。
そこに感動したんじゃないのか?

投稿: それがどうした | 2008年11月19日 (水曜日) 10:20

★TBSやらせ&パンダ会ブログ炎上騒動まとめ(1/2)★
・千恵さん(榮倉奈々)に乳がん発覚。
  ↓
・千恵さんに太郎(瑛太)という彼氏ができる。太郎は友人桃子(安田美沙子)のモトカレ
  ↓
・癌が肺などに転移。翌年、余命1ヶ月の宣告 07年3月
  ↓←TBS介入
・千恵さんと太郎、籍は入れずに結婚式
  ↓
・千恵さんご臨終 ←TBSが美談としてドキュメンタリー放送
  ↓
・一か月後、太郎は桃子と元サヤに戻り結婚 ※関連ブログ削除済
  ↓
・桃子の強いプッシュで書籍化。映画化決定(09年5月全国東宝系公開予定)。太郎に印税収入発生
  ↓
・番組制作者が「千恵さんがAV」に出ていたとボロ。 2ch各スレが騒ぎ出し「余命ぎりぎりモザイクで徳積み」祭り
  ↓
・千恵さんがAV女優だったの事が発覚(「素人強姦面接3」に出演 05年3月発売)
http://up2.viploader.net/pic/src/viploader846218.gif
http://uproda.2ch-library.com/src/lib071793.jpg
http://www.dotup.org/uploda/www.dotup.org3188.jpg
http://www.dotup.org/uploda/www.dotup.org3288.jpg
http://up2.viploader.net/pic2/src/viploaderf143218.jpg
http://jp.youtube.com/watch?v=V3Nqv1jUBog&feature=related
http://jp.youtube.com/watch?v=ZD-3Wof0HF0&fmt=18
http://uproda.2ch-library.com/src/lib071891.jpg

投稿: | 2008年11月19日 (水曜日) 12:51

TBS『余命1ヶ月の花嫁』の長島千恵さんはAV女優だった!★9
http://dubai.2ch.net/test/read.cgi/news/1227035100/474,532,561

474 名前: アサリ(コネチカット州)[] 投稿日:2008/11/19(水) 05:03:21.50 ID:Gzy4cJB6
赤須太郎は小田急線沿線の某大学工学部出身。
ちなみに一浪一留

532 名前: アサリ(コネチカット州)[] 投稿日:2008/11/19(水) 05:11:11.39 ID:Gzy4cJB6
赤須は学生時代からヤリチンで有名
セフレが結構いたからこの子もそんな感じかと

561 名前: アサリ(コネチカット州)[] 投稿日:2008/11/19(水) 05:14:56.32 ID:Gzy4cJB6
>>542
本名でFA
ちなみに埼玉出身

学科一緒だったけどあんまり絡み無かったからよくわからん
高校が都内の私立だったはず

投稿: | 2008年11月19日 (水曜日) 12:53

夫・赤須太郎(IT関連)
前妻・長島千恵(イベントコンパニオン・アクアコム AV女優・芸名もえ)
現妻・湯野川桃子(AV女優・芸名水咲涼子)
夫所属会社上司・前田鉄平(フロンティアNEXT株式会社取締役)
前妻所属事務所社長・江川陽子(ぱんだ会)

投稿: | 2008年11月19日 (水曜日) 12:59

★TBSやらせ&パンダ会ブログ炎上騒動まとめ(2/2)★
 (続き)
  ↓
・太郎&桃子、そして『ぱんだ会』関係者の人として疑問視されるような痛い発言が次々に発掘される
例:千恵の一周忌に、なぜかBBQしてる日記「最高のGW締めになりました」
http://s04.megalodon.jp/2008-1118-2227-01/ameblo.jp/naonileyoung/entry-10094351344.html
  ↓
・桃子にAV女優(水咲涼子)の疑い発生(昨年放送の際の実況スレ)
http://jp.youtube.com/watch?v=OWSrWNUCNqc
http://www.uploda.org/uporg1794117.jpg
http://web.queen8.com/jp/amateur/girl/033/index.html
http://www11.kinghost.com/asian/cute82/JGG/0045cr/
  ↓
・AV騒動の他、TBSと保険会社との繋がり(『ぱんだ会』太郎に講演依頼etc.)の発覚。
 映画の宣伝を目的としたTBSのやらせ疑惑や「BBQ一周忌」にν速民嫌悪感。
  ↓
・『余命1ヶ月の花嫁』は金儲けしようとする奴らによる作品だった事が判明
 ※『ぱんだ会(死んだ嫁の会)』(=リクルート)+TBS+保険会社(乳がん保険を売りたい=ピンクリボン)
  +下着メーカー+ウェディング業界
   結婚式を挙げた偽教会(べストブライダル)は、元ライブドアの乙部がPRし
   エビちゃんモエちゃんドレスを販売してるとこ
  ↓
・千恵さんの友人が「太郎は結婚していない」とパンダ会ブログに記す。
 更に「AV出演は千恵を24時間監視していた訳ではないので知らん。AVに出ていてもいい」
  ↓
・パンダ会ブログ炎上&数分後、その記事を削除。2chにピットクルー出動

投稿: | 2008年11月19日 (水曜日) 13:21

余命1ヶ月の花嫁、実は元AV女優 → 問題なし
バツ1も残らず金と知名度だけ得た太郎君 → 死んだ元カノも気にしないだろうし無問題
死人に口なし、一周忌にBBQで焼き肉メシウマの知人や関係者 → 勝手にしろ
死人に口なし、勝手に脚色美談化映画化して金儲けのTBS → お家芸だろ?いつものこと
癌で妻子を失い、しかも娘はAV女優と判明した父親 → かわいそうです(泣)
元彼氏(結婚はポーズだけ)には娘を金づるにされ、ネットではAV女優として
騒ぎ立てられ、ただ一人涙をかみしめるしかないお父さんはひたすら可哀想。
太郎さんも千恵さんも人間なんだから完璧じゃないだろうし、誰しも
多かれ少なかれ悪いことはするもんだ。それを現実そのままに映したら
エンターテイメントとして成り立たないという見方もできる。
TBSのお家芸は嫌いだが、普段他人の不幸で美味しく食事を嗜んでいる
おまえたちボンクラ屑ニートは批判できる立場にはないぞ(笑)

投稿: | 2008年11月20日 (木曜日) 17:51

> 二人の出会いは2005年12月.太郎さんの会社が参加した展示会に
> 千恵さんがコンパニオンとして来ていたのです.
> 太郎「はきはきとして目立った.いい子だなと思った」.
> 2006年1月,太郎さんは千恵さんをデートに誘いました.

ですから、

-------------
・千恵さん(榮倉奈々)に乳がん発覚。
  ↓
・千恵さんに太郎(瑛太)という彼氏ができる。
-------------

なんてことはあり得ないです。
だいたい、亡くなった方に失礼ですよ。

投稿: old man | 2008年11月20日 (木曜日) 22:38

過去にAV出演してるのにそこは隠してお涙頂戴ドキュメンタリーにも自ら出演。
頭が悪いとしか言いようがない。
周りも相当馬鹿だが(笑)
映画なんて観に行く奴いるのか?
そんな奴らも頭イカレテル。

投稿: なな | 2008年11月21日 (金曜日) 09:11

AV出演とかしてたのが最初から分かってたらマスコミもこんなに取り上げることなかったのにね。
しかも映画とかwwww
タイトル『余命一ヶ月のAV嬢』でいいよな。
榮倉奈々も気の毒に。

投稿: まるこ | 2008年11月21日 (金曜日) 14:20

はじめまして

おう AVなんて ちいさな事に批判してる奴ら くだらんな


どっちにしても 癌で亡くなってるひとも闘病してる人いるんだから

そっとしておくべき

少しでも早期発見できるように 乳がんキャラバンできてんだから なおさら そっとしとくべきだったのに

病気の人の事かんがえないんだろうな 

病気で苦しむ家族をもつ人のことも


ほんとに くず以下ですな

AV女優や水商売は、癌になってだめなんだな


もんくいうお前ら 癌になって見ろ


民間でも公務員でも犯罪犯してるやつらに

比べたらAV女優はいまそこにいる人とかわらんわ


仕事の職種のひとつだろ

投稿: manngetu | 2008年11月21日 (金曜日) 19:31

AV女優じゃないから。素人ものに出てたんだよ。
ちゃんとしたAV女優の方がマシじゃね?

あんな素人ものじゃ数万しかもらえないし、普通に働いて稼ぐって頭はなかったのか。
たった数万で人前で自慰行為や股を開くことが出来る女だったんだよ。
それがTVでは如何にも純粋っぽく演出されててうけるわ。

AVに出てたことが小さい事実なら、最初から隠す必要ないだろう。
擁護してる奴はそこは隠して当然だと思うわけ?
仕事の職種のひとつなのに隠すってどういうこと?
やっぱり世間体を気にしてるからじゃないの?
それを知ったら同情する人間だって少なくなるって分かってたからじゃないの?

世の中そんなに優しくない。

投稿: | 2008年11月21日 (金曜日) 21:44

「AV女優だったから」なんていうのは全く持って問題ではないと思うのですが、事実を脚色してドキュメンタリーとして放映してしまったTBSには嫌悪感を抱かざるおえません。
ドキュメンタリーとしてではなく、事実を基にしたドラマならよかったのに。
 
どのように送った人生にせよ、不運にして乳がんにおかされて亡くなってしまった千恵さんには最大限の敬意を払わなければならないと思います。
今回のこのTBSのお涙頂戴ドキュメンタリーは視聴者を欺いた捏造といえるでしょうし、千恵さんの人としての尊厳を商業主義の名の下に利用し失墜させた蛮行だと思います。

結果的のこの騒動で、知られる必要もない事までも世間に知れ渡ってしまった…亡くなられた千恵さんやそのお父様が気の毒でなりません。

投稿: 厳男 | 2008年11月21日 (金曜日) 21:53

>厳男さんに同意


俺の次にコメしたかた。なるほど 確かに素人物だな・・・

じゃあ なおさらかんけえねえな

人前で股開いたり????
だからなによ
くだらねえ
安っぽい女は全否定かい?
そりゃすげえな
黙っても金浴びながら とっかえひっかえ
寝てるセレブとかもいたりすれば
いっしょじゃねえか

だってAV女優って本人いってねえし 関係者もいってねえし かってに リークした奴とあおってる奴いってるだけじゃん

TBSは攻められて当然だが!


本質は 乳がんの早期発見への道だ!


まあ 癌検診 ドック全般だな。


世の中甘くないけど 自分がいつ最悪の道をたどったりすかなんぞ 

先の事はわからん!

あのようなビデオが全部 悪とはいいきれん

人生なにが 起こるかよそうもできん

投稿: manngetu | 2008年11月22日 (土曜日) 10:48

AVによっぽどお世話になってる奴必死だなw

それかあんたAV女優?

投稿: | 2008年11月22日 (土曜日) 14:09

『余命一ヶ月のAV女優』に全国民が泣いた

あははーヾ(^▽^)ノ

あら、女優じゃないのね
失礼

投稿: 都 | 2008年11月22日 (土曜日) 15:02

上の人・・・・


面白い冗談だ。
あはは 

俺は自分の意見をいってるのみだ

だから HPもメールもマジでのせとるんじゃ

AV・・・結婚する前にかなりみたわ!
んだからなんじゃい

男なのに興味ねえほう きもちわるいわ

病気になった人には 罪ねえだろ

投稿: manngetu | 2008年11月22日 (土曜日) 16:20

おまいら
2ちゃんでやれ
以後はsage進行で

投稿: | 2008年11月22日 (土曜日) 19:57

自分の子供がAV出てるって分かったらどうする?ショックだろ?
そんなもんだよAV嬢なんてさ。

投稿: | 2008年11月22日 (土曜日) 20:35

余命1ヶ月の花嫁 女性セブンで白々しく反論:TBSの指示か?

投稿: 余命1ヶ月の花嫁=長島千恵さんの元夫[太郎]が女性セブンで白々しい釈明。 | 2008年11月29日 (土曜日) 14:26

そんなに憎いのか?

このバカ野郎。

投稿: | 2008年11月30日 (日曜日) 01:16

人のプライバシーとやかく言うなら まず自分の自己紹介をしなさい。真実如何を問わず常識でしょう。  
 千恵さんのおかげで救われた命いっぱいあります 千恵さんのおかげで、生きる希望持った人も 毎日毎日を無駄にせず、精一杯生きたいッテ思った人もいます                                                千恵さんは素晴らしいもの  お金では買えないとても貴重なものいっぱい、いっぱい残していってくれました。
 醜いねたみ ひがみ
本当に愚か  そんなにも自分の醜ささらけ出して

投稿: | 2008年12月 5日 (金曜日) 21:45

正直言ってショックだよ。
かなりね。
AV女優なんて話題が出るとは思わなかった。
来年5月に映画上映される。

俺は見ないよ、千恵さん。

投稿: | 2008年12月29日 (月曜日) 21:29

またまた、お久しぶりです。
しばらく拝見しない間に
こんなことになっていたとは…

以前、自分のブログにも
こういう書込みがありまして
こちらから来られたのだなと…。

いえ、今回はそんなことを
書込みに来たのではなく映画の話です。

あれは多分予告映像?だと思うの
ですが。バックに小田和正さんの
「Woh Woh」が流れていました。

太郎さん、千恵さん役の二人の
俳優の姿とBGMを聴いただけで
泣きそうになりました(;_;)

小田さんのCDは持っていたので
改めて今日、聞きました。
メロディーもさることながら
歌詞もまた、ピッタリでさらに
泣けました。

AVの件。興味がないといえば
嘘になります。でも本当に僕に
とってはどうだっていいんです。

僕にとっての千恵さんは“あの”
千恵さんしか存在しないのですから。

生意気言いました。すみませんm(_ _)m

5月ですか。また千恵さんに
会えます(^-^)v楽しみです。

投稿: けい | 2009年1月21日 (水曜日) 21:09

>けいさん

このコメント欄も
本筋を離れたいろいろな情報で
あふれかえってしまいました。
残念ですが傍観するしかありません。
映画は別物。
ワタシも楽しみにしています。

投稿: Ginkgo | 2009年1月22日 (木曜日) 07:45

人命をオモチャにする連中が作った映画を見て感動できるの?
人間性を疑うわ

投稿:   | 2009年2月17日 (火曜日) 11:11

拝見させて頂きました。
SEの癌患者です。
余命3ヶ月でしたが、情報戦で生き残りました。
このドキュメンタリーの脚色は危険性をはらんでいるので、嫌なこと書きます。
・SEは一般人でも辛い仕事癌キャリアには、オススメしません。そして簡単ではありません。

・骨転移前の激痛は?
あったはずです。

・再発の危険性
再発防止策はないんですか?
なぜさせなかった。

・なったら死ぬのか
この話だけだと生存を考えなくなる

・免疫力のない人間を飲食店に連れ出す。
死因の一つですよ。


お願い
どんな目的があるにせよ、治療放棄をさせることは、殺人です。
検査と治療知識は大切です。

投稿: 崇文 | 2009年5月 3日 (日曜日) 22:32

>崇文さん

初めまして.
ヤクザのブログへようこそhappy01
番組に対して感じることは
人それぞれですから,
ご意見は例え「嫌なこと」でもいいんです.
(誹謗中傷でなければ)
崇文さんのように,
何かを考えることが大切だと思います.
実はあの番組だけでは
伝えてきれていないことが多くて,
書籍を読まれることをお勧め致します.

投稿: Ginkgo | 2009年5月 4日 (月曜日) 05:23

余命1ヶ月の花嫁


赤須太郎のその後が気になる

投稿: 赤須太郎 | 2009年5月 9日 (土曜日) 13:41

僕の母親が乳がんで左胸を所属リンパと一緒に摘出しています。
発見した時22mmでステージ2Aと2Bの境目と言われました。そして発見から即入院即手術でした。そして10年目を何事もなく迎えています。

千恵子さんは亡くならずに済んだ方だと思います。しこりに気付いた時点で取っていれば、、乳がんは転移しやすいのに温存療法がトレンドになっている現在の医療に非常に疑問を感じます。 

投稿: AN | 2009年5月 9日 (土曜日) 21:02

医師としての意見を述べさせていただきます。
パンダ会が20代、30代の女性相手にマンモグラフィーを安価に行うキャンペーンをされていますが、これはかなり非常識な行為です。
一般にマンモグラフィーの対象となるのは40代以上です。20代の女性に行ってもデメリットが多く(被爆もあるし、20代の女性は乳腺が多いので検査の有効性がない)。どの国でも若い女性にマンモグラフィーは勧めていません。
またキャンペーンの結果2名の乳がん患者が見つかったと報告していますが、20代、30代の健康な女性を相手に乳がん検診をして、これほど高率に乳がん患者が見つかることは医学的にあまりありえません(つまりねつ造の可能性が高い)。
このキャンペーンの、胡散臭さを感じざるを得ません。ピンクリボンキャンペーンはマンモグラフィーを広げたい検査機器会社の宣伝活動としての部分もあるのですが、20代、30代の女性にまで検査を勧めることは、医学的におかしい行為です。

投稿: 医師として疑問 | 2009年5月15日 (金曜日) 05:21

Ginkgoさん(^-^)こんにちは。

いよいよ映画の公開ですね。もう観られましたか?僕は、まだですが予定がつき次第行ってきます。

その後も、様々なコメントが寄せられているようですね。実際に癌をお持ちの方、克服された方。大切な人を亡くされた方・・・。

多くの意見があって、またそれが当然なのかも知れませんね。批判的な意見。良いも悪いも全てを認められるような人間に成りたい、なんて考えております。

怒り・・・なのでしょうか。You are not OKと感じる心。。。

あ、すみません^^;)話がよく分からなくなりましたが。そうそう、映画の撮影風景なんかも、ドキュメントの番組で拝見しました。千恵さん役、太郎さん役のお二人の演者も、本当に気持ちを込め演じておりました。

120%泣いてきます(T-T)そして、また、『今を生きること』について考えてこようと思います。

投稿: けい | 2009年5月15日 (金曜日) 19:28

>けいさん

ご無沙汰です.
映画ですね.
私事でごたごたしていて,
まだ観ていないんですよ.
テレビで観ることになってしまう
かもしれません.
映画のご感想をお待ちしておりますhappy01

投稿: Ginkgo | 2009年5月15日 (金曜日) 20:07

この余命1ヶ月の花嫁の番組見ました、医療の進んだ現在でもどうにもならない事あるんだなと、皆さんは、ご存知でしょうか、昭和39年に骨肉腫で亡くなった、そして映画テレビにもなった、愛と死をみつめて、の大島みち子さん、マコとミコの純愛物語です、知ってる人は、きっと思い出されるでしょう、腐りきったバカな政治家どもは、のほほんと図太く長生きし、一生懸命前向きに頑張って人が、こんな形で永遠の眠りにつくなんてね、不公平です、どうぞ安らかな眠りを祈ります

投稿: 白衣の看護助手ヘルパー | 2009年5月16日 (土曜日) 14:57

余命1ヶ月の花嫁の番組見ました、その後、ご主人の太郎さんは、どんな生活送ってるかわかりませんが、どうか、短い生涯で天に召された千恵さんのぶんまで、しっかり強く前向きに頑張って、長生きして下さい、きっと空から千恵さんも私のぶんまで長生きして と、望んでいることでしょう、太郎さんの心の中に千恵さんは、いつも一緒にいること忘れないで、では、千恵さんのご冥福祈ります

投稿: 白衣の看護助手ヘルパー | 2009年5月16日 (土曜日) 15:13

>ANさん

男性からすると
「取っちゃえ.安心できるでしょ」
と考えがちですが,
女性(特にお若い方)にとっての乳房は男性にとっての
おちんちんと同じと考えてください.
医師「あなたのおちんちんの先っぽにガンがあります.でも先っぽだけでなく根本から切っちゃいましょうね.その方が転移の心配もなくなりますから」
あなたは根本から切りますか?
「病巣だけを切除する方法はありませんか?」
と聞きませんか.
そしてもしそれが可能なら,
先っぽだけを切除する温存療法を
選択するのではないでしょうか.

投稿: Ginkgo | 2009年5月16日 (土曜日) 20:47

>白衣の看護助手ヘルパーさん

ヤクザのブログへようこそ.
河野実(マコ) - 山本学
大島みち子(ミコ) - 大空真弓
やっぱり映画よりドラマ版の方が
印象に残っています.
大島さんは22歳で亡くなられたのですね.
千恵さんよりお若くして.

投稿: Ginkgo | 2009年5月16日 (土曜日) 20:56

はじめまして、こんばんわ。突然ですが、余命1ヶ月の花嫁のドキュメントをどうしても見てみたくて…録画したものは、まだ手元にありますか?どうにかしてコピーして戴きたいのですが無理でしょうか?いきなり失礼かと思ったのですが、先日、映画を見に行って号泣(涙)子供達に命の尊さを教えていく上でとても必要だと思い…お返事宜しくお願い致します。

投稿: ゆりきち | 2009年5月18日 (月曜日) 21:08

>ゆりきちさん

いらっしゃいませhappy01
お気持ちはわかるのですが、
その行為は違法コピーとして禁じられていますdespair
ご了承ください。

投稿: Ginkgo | 2009年5月19日 (火曜日) 12:12

テレビで放映されたドキュメンタリー余命一ヶ月の花嫁のビデオがどうしても欲しいのでダビングしてくれませんか?
宜しくお願いします。

投稿: ゆき | 2009年5月24日 (日曜日) 01:36

>ゆきさん

いらっしゃいませhappy01
お気持ちはわかるのですが、
その行為は違法コピーとして禁じられていますdespair
ご了承ください。

投稿: Ginkgo | 2009年5月24日 (日曜日) 08:44

Ginkgoさんこんにちは♪
映画、観て来ました(^-^)v

案の定・・・と言うか^^;)泣きました。

千恵さんの“メッセージ”が込められた
素敵な映画だと思いました。

“毎日は幸せで溢れている”のだと
思わせてくれる・・・。

どうやら僕にも“奇跡”が
起きているようです☆彡

投稿: けい | 2009年5月28日 (木曜日) 11:24

>けいさん

いらっしゃいませ.
ご覧になりましたか.
奇跡.
1つの作品に接して,
何を得るかが大切ですよねhappy01

残念ながら,
ワタシは自宅で観ることになりそうですcoldsweats01

投稿: Ginkgo | 2009年5月28日 (木曜日) 22:31

この挙式は入籍なし

死去一ヶ月後に太郎は桃子と入籍


どういう事でしょうか?

投稿: 名無し | 2009年5月31日 (日曜日) 02:37

ドキュメンタリーを観て感動し 涙がとまりませんでした。子供2人がすぐそばで騒いでましたが 釘付けになりました。
この話を嘘だと 思う人の気がしれない。ひねくれ者だねぇ〜。 どぅして 素直に感じないのかな。 彼女はあんなに素直に生きた…それだけなのに

私は 最近 肺ガンだった姑さんを亡くしました。不仲で別居したけど、子育て 家事 仕事をしながら 看病をしてきた。千恵さんが 嫌がっていたモルヒネを 姑さんも使う事になり、 心配していて でも ある日、姑さんから「色々ありがとぅ」と言ってきて…それから3日後 会話が出来なくなりました。あの言葉を言う為に、息を切らしながら一生懸命 言ったのかと思うと。
千恵さんよりも 年がいってたけど、あの瞬間 姑さんは素直になれたのかな…
看病に通うなか、立ち寄った本屋で 千恵さんの漫画本を見つけて 速攻で買い、速攻で読んでしまいました。TVで観たのと同じ感動でした。
色んな事に気付くキッカケを作ってくれた 千恵さんと、やっぱり感謝の姑さんにありがとぅ〜です

投稿: 泣き虫 | 2010年2月27日 (土曜日) 22:49

>泣き虫さん

初めまして (^-^)/
ワタシも泣きながら見ていました.
漫画本もあるんですか?
amazonで探してみます.

投稿: Ginkgo | 2010年2月28日 (日曜日) 06:55

千恵さんが短い生涯を精一杯生きたことと、医学的に正しい情報が伝えられているかとは別の話です。
医師として疑問さんがご指摘のように、20代・30代の女性にマンモグラフィー検診を勧めることは正しいことではありません。
年代別にマンモグラフィー検診の効果・リスクを正確に伝えていないTBS・J.POSH・ピンクリボン運動の責任は重いですよ。
早期発見の努力を怠ったばかりに…という後悔と自責の念を抱いたまま千恵さんが亡くなられたとしたら、なおさらお気の毒です。

投稿: およびでない | 2010年6月10日 (木曜日) 08:44

今日、スカパーで再放送をしていたので見ました。
花嫁の笑顔は良かったですね?
信じてた友人と夫に騙されていたのはスゴく可哀想ですが、それを知らずに安らかに逝けたのがせめてもの救いだと思います。
この最悪な友人と夫(今は夫婦?)は、今でも印税で儲けてるのかと思うと無性に腹が立ちます。

投稿: かさいやすし | 2011年11月19日 (土曜日) 22:13

初めまして。余命1ヶ月の花嫁を1番初めから見てた長島千恵さんと同じ年齢の女性です。ズット思ってましたが地デジになってから見る事がなくなってしまったのでもう一度テレビで流してほしいです。私は子宮筋腫を2回分かり2回共手術しました。私の場合再発のリスクが高いので不安な毎日です。25歳と28歳に分かりました。若いからこそ皆さんに胸も子宮の検査の大切さを伝えたいです。恥ずかしさより辛く泣く方が心が苦しいです。

投稿: アリス | 2012年3月20日 (火曜日) 00:58

私は、限りなくヤラセに近いこんな番組は二度と放送してほしくないです。
映画のTV放送予告なんかが他の番組の視聴中にフッと入ってくるだけで嫌な気分になります。
TBSはこんな番組を放送したことを反省してほしいし、早く謝罪してほしいですね。

投稿: はっとり | 2012年3月23日 (金曜日) 12:16

note余命2ヶ月の花嫁を見ていました。乳がんと闘っていました。千恵さんの母も卵巣がんと闘っていました。

投稿: 関西 | 2012年6月30日 (土曜日) 13:20

余命2ヶ月の花嫁を1番始めから見ていた長島千恵さんを見ていました。一人娘の千恵さんも長生きしてほしかった。独りっ子の千恵さんが最も早くがん検診受けてほしかったです。独りっ子の千恵さんが24歳の若さで天国に行ってから5年たちます。

投稿: 関西 | 2012年7月 1日 (日曜日) 12:13

moon3独りっ子の千恵さんが天国に行ってから来年で6年たちます。雅代さんも卵巣がんと闘って千恵さんが中学校3年生の9月の時末期の状態でした。雅代さんも早くに検診受けてほしかった。

投稿: カンニング中島 | 2012年9月30日 (日曜日) 11:40

長島千恵さん長く生きてほしいです

投稿: カンニング中島 | 2013年4月15日 (月曜日) 20:17

こんにちは。
このドキュメンタリー、初放送時にたまたま見て号泣しました。
もし私が同じ状況になった時、彼女と同じように優しく気丈に前向きにふるまえるか想像もつきません。
私の叔母も乳がんで亡くなっており、親戚一同含めるとかなりのがん家系だったりします。
それでも自身はまだ20代前半ゆえどこか他人事だったのですが、このドキュメンタリーを見てから初めて乳がん検診に行きました。
今後も年一で検査をしていくつもりです。
知恵さんの笑顔に、人生に、あの時こういうタイミングで触れられて本当に良かったと思うし、感謝しています。
今日管理人様の記事に巡り合い、久しぶりにまた思い出せました。
ありがとうございます。
管理人様もどうぞご自愛ください。

投稿: まこ | 2013年9月17日 (火曜日) 14:49

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/120630/15831852

この記事へのトラックバック一覧です: 『余命1ヶ月の花嫁 ~乳がんと闘った24歳 最後のメッセージ~』:

» 余命1ヶ月の花嫁 -乳がんと闘った24歳 最後のメッセージ- [*華の宴* ~ Life at night ~]
長島千恵さん。 乳ガンに侵され、乳房を切除したにもかかわらず‥後に肺と骨へ転移 (再発)。 ガン細胞は急スピードで増殖し、まだ24歳という若さで残りの命の時間は たったの1ヶ月と宣告される。 過酷な痛みに耐えながら 日に日に悪化していく状況のなかでも、彼女は笑顔を絶やさずに‥いつも前向きな 気持ちを忘れずに 『 生きる 』 ことを 一生懸命に頑張り続けた。 ”友の思い‥彼の迷い‥父の願い。 これは、乳ガンと闘った1人の女性が、愛情と友情に包まれて生きた記録です。 あなたは、もし... [続きを読む]

受信: 2007年7月22日 (日曜日) 19:14

» 長島千恵 りんこのご紹介! [長島千恵 余命一ヶ月の花嫁の最新情報をお届けします!]
さきほどTBSで放送していた『余命一ヶ月の花嫁』を見て感動しました。長島千恵...さきほどTBSで放送していた『余命一ヶ月の花嫁』を見て感動しました。長島千恵さんのミクシィのブログを見たいのですがなんと検索すれば出てきますか?分かる方教えてください!!(続きを読む) 「余命1ヶ月の花嫁」の長島千恵さんのブログをミクシィで紹介していましたが、どう...「余命1ヶ月の花嫁」の長島千恵さんのブログをミクシィで紹介していましたが、どうしたら見れますか?何で検索したらよいのでしょうか?(続きを読む) りん... [続きを読む]

受信: 2007年7月29日 (日曜日) 21:02

» 最近見た動画:余命1ヶ月の花嫁 [ぷそヤス]
久しぶりに良い動画を見ました。 [続きを読む]

受信: 2007年8月 5日 (日曜日) 08:13

» 余命あとわずかの異性と結婚する [オウマー日記]
 昨日本屋に入ったら、『余命1ヶ月の花嫁 ~乳がんと闘った24歳 最後のメッセージ~』なる本の宣伝があった。 http://blueginkgo.cocolog-nifty.com/ginkgo/2007/07/124_7dab.html  テレビのドキュメンタリーでやったんだ。 http://www.amazon.co.jp/%E4%BD%99%E5%91%BD1%E3%83%B6%E6%9C%88%E3%81%AE%E8%8A%B1%E5%AB%81-TBS%E3%80%8C%E3%82%... [続きを読む]

受信: 2008年4月 2日 (水曜日) 23:58

» 余命一ヶ月の花嫁〜 [Happy?? 幸せのおまじない]
家に帰り、なんだかばあちゃんがうるさかったので部屋に閉じ込め さてと、ゆっくり晩御飯を食べようとポチっとテレビをつけたら 余命一ヶ月の花嫁という題名のドキュメントがやっていた。 あたしは途中から見たんだけど… いきなり悲しそうな内容のテレビで… 余命一ヶ月の花嫁について詳しく読みたい人はこちらの方のブログをどうぞ・・・ ひとごととも思えず、なんだか見てしまった。 23歳で乳がんがみつかって、治療がうまくいかず 24歳で肺に転移して死んでしま... [続きを読む]

受信: 2008年5月 7日 (水曜日) 21:55

« 原題 | トップページ | 研究所便り »