« 敗者復活(BlogPet) | トップページ | 和光堂とヤクルト »

2006年8月26日 (土曜日)

薬育のこと

以前,薬育についてご紹介致しました(コチラ).

あれ以来,当ブログにおけるアクセス解析の検索ワードの上位に

薬育が必ずあります.

でも期待外れな内容でごめんなさいといいますか……

今回良い資料を見つけましたので,

再びまとめてみたいと思います.

資料は国民生活センターが発行している『たしかな目』の2006年6月号です.

<薬の種類>

1 販売形態の違い
  ①医療用医薬品
   病院で診察を受けたときに処方される.
   処方箋が必要.
   「ジェネリック薬」の普及はなかなか難しいようです.
  ②一般用医薬品
   一般の薬局,薬店で購入できる.
   大衆薬,市販薬,一般薬ともいう.
   処方箋不必要.
   カウンター越しに販売されるので,薬剤師はOTC薬 (Over The Counter)
   と呼ぶことが多いです.

2 処方形態の違い
  ①内服薬(飲み薬)
   錠剤,カプセル剤,散剤(粉薬),水剤
   お年寄りは散剤が飲みづらいようです.
   喉を震わせましょう.
   (そりゃあビブラートだって!必要なのはオブラート)
  ②外用薬(皮膚に塗ったり貼ったりする薬)
   貼付剤,座剤,点眼剤,塗り薬,スプレー
   座剤は挿入の向きをよく確認しましょう.
   一見入れやすそうな向きが,実は逆なんです.

<薬が入ってから出るまで>

1 吸収
  胃や腸または皮膚から吸収されます.

2 分布
  血液によって全身に運ばれ必要な場所で効果を発揮します.
  不必要な場所で効果を発揮してしまって,
  副作用が現れることもあります.

3 代謝
  肝臓で分解されます.
  動物でも薬は肝臓に集まるからという理由で
  レバーを決して食べない友人がいます.

4 排泄
  尿あるいは便と一緒に排泄されます.

薬は私たちの体に作用して,効果を発揮します.
一方,私たちの体は薬に作用して,代謝分解排泄するのです.
体内での薬のこのような旅は,それぞれの過程の英単語の
頭文字を取って,ADME(アドメ)と呼ばれています.
Absorption-Distribution-Metabolism-Excretion

<飲み方>

1 時間のこと

食前 食事の30分くらい前
食後 食事の30分くらい後
食間 食事の2時間くらい後

飲み忘れても気付いたときにきちんと飲みましょう.
次回の服用時間が近づいているときには,
仕方がないので1回抜いてください.
一度に2倍量飲むことはやめてください.

胃に負担がかかりますので,
食後の指示がある薬はきちんと食後に飲みましょう.

2 お水のこと

少なくとも100mL(コップ半分)のお水(ぬるま湯)で服用しましょう.
以下の飲み物で服用するのは厳禁です.
コーヒー,牛乳,ジュース(特にGFJ),お茶,アルコール飲料
ワタシはヤクザなのでビールで飲んでしまうことがありますが,
まねをしてはいけません(笑)

<薬の捨て方>

・容器のまま捨てない.容器は分別マークに従って廃棄する.
・固形の物は可燃ゴミに,液体は流しに.

|

« 敗者復活(BlogPet) | トップページ | 和光堂とヤクルト »

コメント

「お茶で飲んじゃイカンわね。」という話で
看護婦さんに
「麦茶はイイよ。アレはお茶じゃないから~。」
と言われたことがあります。
でも、気をつけないとお茶入り麦茶が氾濫。

座薬の入れ方に仰天しました。
一度確認してみます。

投稿: やな | 2006年8月26日 (土曜日) 13:58

いろいろお勉強になります
くすりと上手につき合っていないの実感
でも、きちんとするかというと・・・
どうなのかな

投稿: bakeneko | 2006年8月26日 (土曜日) 16:33

旅行先で会った薬剤師さん、なんで飲んだってかまわないよ!と、いうことでした。
が、牛乳とアルコールだけは避けています。
いつも不思議なのは、なんで薬は、ちゃんと必要なところで効くんでしょう?

投稿: 茶菜子 | 2006年8月26日 (土曜日) 17:00

>やなさん

確かに麦茶なら影響が少ないと考えられます.
でも「薬育」という教育の観点から申しますと,
「緑茶とウーロン茶はだめだけど,
麦茶はOKです」のような,
「○○と◎◎はだめだけど,
△△はokです」という説明は,
覚えづらくはないですか?
「水かぬるま湯で!」の方が
覚えやすいですよね(^_^)

>bakenekoさん

bakenekoさんは健康だから(笑)
病弱だったワタシは幼少の頃に
「この年齢でもうカプセルが飲めるの!?」
と驚かれたそうです.
なまじ健康自慢で病気知らずで老いてしまうと,
散剤すらも満足に飲めずに
若いナースに怒られて
情けない思いをしてしまうそうですよ.

>茶菜子さん

薬によっては何で服用しても良い物も
あります(アルコールは除く).
その時茶菜子さんに処方されたのは
その類のお薬だったのでしょうね.
ちゃんと必要なところで効く物を
見つけるために,
十年以上の歳月と莫大な費用を
かけるのですね~

投稿: Ginkgo | 2006年8月26日 (土曜日) 18:35

ただいまお薬服用中。お腹治療中。
私はお腹が弱いので、薬によってはそれでやられてしまうようです。
健康大切。元気でいれば大概のことは乗り切れます。

投稿: にゃにゃにゃん | 2006年8月26日 (土曜日) 21:49

>にゃにゃにゃんさん

お薬服用中ですか.
どうぞお大事にしてくださいませ.
ワタシも幼少のみぎりは
お腹が弱かったらしいです.
ヤクルトのお陰で今は大食漢になりました.
(ヤクザのごはん2006/08/24参照)

投稿: Ginkgo | 2006年8月27日 (日曜日) 03:45

ヤクルト買ってきました!
これから毎日飲んでみます。

投稿: にゃにゃにゃん | 2006年8月28日 (月曜日) 19:15

質問
カプセルでも、水をたくさん飲んだ方がよいのでしょうか?
どうせ、ゆっくり溶けるのに・・・とか思っちゃうんですけど。
私も、生まれたときから薬を飲んでいるので、カプセルなんざ3つくらい一度にいけます。自慢?

投稿: 茶菜子 | 2006年8月28日 (月曜日) 19:53

>にゃにゃにゃんさん

個人差があるとは思いますが,
効くと良いですね(^_^)
ヤクルトの容器が
あの独特の形をしている理由は
ブログネタにします.

>茶菜子さん

水を少なくとも100mL以上飲む理由は,
お薬が食道に貼り付いて
そこでとどまってしまうのを
防ぐためなんです.
食道炎を起こしてしまいますから.

投稿: Ginkgo | 2006年8月29日 (火曜日) 08:10

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/120630/11611207

この記事へのトラックバック一覧です: 薬育のこと:

« 敗者復活(BlogPet) | トップページ | 和光堂とヤクルト »