« 愛の流刑地 | トップページ | 迷惑メール »

2006年6月10日 (土曜日)

農薬のポジティブリスト制度

先月末,食の安全に関するとても重要な法律がひっそりと施行されました.

農薬のポジティブリスト制度です.

ポジティブリスト制度とは,

基準が設定されていない農薬等が

一定量以上残留する食品の流通等を,

原則禁止する制度です.

農薬が基準値(または一定量)以上含まれている食品を

流通させちゃダメよっていう

至って当たり前のことのような法律ですが,

これが今まではなかったんですね~

つまり法律に基準がない農薬は,

いくら残留していても取り締まれなかったんですね.

(限度はありますけど(^_^; )

同時期に導入された駐車禁止問題は大きく報道されましたが,

こちらは一般紙ではほとんど取り上げられませんでした.

産経新聞はこの程度の扱い(こちら).

毎日新聞が大きめの記事でしたね.

わかりやすくて問題点も理解できる良い記事だと思います(こちら).

BSEよりもポジティブリスト制度に注目したいです!

|

« 愛の流刑地 | トップページ | 迷惑メール »

コメント

リンク先の記事を拝見しました。
ろちゅー禁止もそうでしたが、
一律に「ダメなものはダメ」というのではなくて、
柔軟に対応できたらよい制度だと思うのですが。
虫が苦手な私は農薬が規制されたら困る…。

投稿: にゃにゃにゃん | 2006年6月10日 (土曜日) 22:10

本当に、やらなくてはいけないことだとはおもいますが、締めればいいってものでもないと思いますね。
駐禁で広島のように、ちゃんと、荷物の上げ下ろしをできる場所を作るとか、適度に緩めておかないと、どこかで爆発してしまうかもしれませんよね。

投稿: 茶菜子 | 2006年6月10日 (土曜日) 22:25

>にゃにゃにゃんさん

マスコミも消費者も
過剰に反応しなければ良いのですが.
制度としては良いのですが,
法の条文が未熟との話もあります.
「農薬は必要な物.
使う以上は食品に残ってもしょうがない.
ただし基準値以下であれば」
と思います.

>茶菜子さん

本当にそうですね.
「残留農薬ゼロ」の保証を
食品流通の川上の業界が求められて,
四苦八苦しているようです.
400以上の農薬の検査で
一検体に数十万円もかかります.
検疫所の検査官は過労死するんじゃないか?
と本気で心配されています.

投稿: Ginkgo | 2006年6月11日 (日曜日) 07:59

それて、農家にとってはつらいわ
残留させたくないけど、
そういうやわい薬は雨で流れちゃう
すると効果がない
やわい薬使うと虫食って売れない
どうすりゃいいんだ!

投稿: bakeneko | 2006年6月11日 (日曜日) 12:55

>bakenekoさん

農家が敏感になっているのは
ドリフト問題のようです.
農薬の隣接地への拡散ですね.
いろいろ工夫はしているようですけど.

投稿: Ginkgo | 2006年6月11日 (日曜日) 13:03

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/120630/10464418

この記事へのトラックバック一覧です: 農薬のポジティブリスト制度:

« 愛の流刑地 | トップページ | 迷惑メール »