« ゆず | トップページ | 勇者のメダル »

2006年1月29日 (日曜日)

注射不要のインスリン

先週の土曜日にTVニュースで,

米国食品医薬品局(FDA)が

吸入式インスリン「エクスベラ」の販売を認可した

と報道されていました.

患者さんにとって朗報です,素晴らしいです.

インスリン製剤はこれまで注射剤しかありませんでした.

注射剤というのは患者さんに肉体的,金銭的,時間的負担を強います.

ワタシも学生の頃にある病気で1年間,週に1回注射剤をうちに通っていました.

自宅か大学の近くならよかったのですが,

どちらからも離れた場所でとても負担でした.

当時は朝6時に家を出て,

終日実験に追われ終電で帰宅するという生活を送っていました.

平日に通うのは無理.

土曜は実験は午前だけでしたので,

本来は土日休診だったのですが,

無理を言って土曜の午後に通っていました.

(薬学生ということで医師が理解を示してくれました)

この時に思いました.

「錠剤があればこんな苦労をしなくて済むのに」

ワタシが今のような薬物研究と無縁のヤクザイシではなく

まだ薬剤師だった頃,

そういう研究に燃えたこともありました.

経口投与だと胃で分解してしまうという理由で注射剤になっているのならば,

胃で溶けずに腸で溶けるカプセルに入れてあげる.

(胃は酸性,腸は弱アルカリ性なのでその性質の差を利用)

あるいは酸で分解されにくい構造に変えてあげる.

(プロドラッグといいます)

他にも.

 

余談になりますが,アメリカ政府は医薬品と食品を同じ部局で規制しています.

それが米国食品医薬品局(US Food and Drug Administration)です.

日本の厚労省と農水省を併せたようなものですね.

医食同源という言葉もありますから,合理的です.

ちなみに昨年ブレイクしたコエンザイムQ10(CoQ10)も

元は心臓病に用いられる医薬品でした.

2001年4月に厚労省が何種類かの医薬品について

医薬品と食品の区分を行ったときに食品として認められたものです.

|

« ゆず | トップページ | 勇者のメダル »

コメント

(今日のつぶやき)
シンデレラ城のメダル、もらったこと無いんです。
もっている人がうらやましい。いいなあ~。

投稿: にゃにゃにゃん | 2006年1月31日 (火曜日) 21:56

わたし、メダル持ってまぁ~す!
だいぶ前ですけど、ginkgoさんと一緒に真冬に一番でならんで入ったときにもらいました
記念に大切にとってありますよ~ん!

投稿: bakeneko | 2006年1月31日 (火曜日) 22:36

>にゃにゃにゃんさん

あれはもらうのに
ちょっとしたコツ(努力?)があるんです.
ブログネタにしようっと(笑)

>bakenekoさん

思惑通りにことが進んで,
めでたくゲットできましたよね~
ヤフオクで結構なお値段になってますよ.
大切にしてくださいね.

投稿: Ginkgo | 2006年2月 1日 (水曜日) 09:32

薬も日々進歩しているんですよね。これはニュースで見ましたが、注射をする人にとってはありがたい薬でしょうね。最近は子供でも糖尿病が流行っていてインシュリン投与を受けている子も多いそうなんで・・・・。

シンデレラ城のメダル、うちにも2個あるはず・・・・というかあったはず(笑)引越し前なら、どこにあるかすぐわかっていたんだけど、引越しのドサクサで一体何処へ行ったのやら?!まさか、ゴミへ!!!????(笑)

投稿: nino | 2006年2月 1日 (水曜日) 09:53

一時期、年に2回以上献血に行っていました。
入院したときに
「血管が硬くなっている」と言われました。
献血の話をしたら、
それが原因らしいと言われて、
血管だけは細い私にとって
献血も考えモンかな~と思っています。

投稿: やな | 2006年2月 1日 (水曜日) 11:09

>ninoさん

若年性の糖尿病も多いんですよね.
小学生の男の子が自分で筋注しているのをテレビで見て
切なくなったことがあります.
少しでも多くの注射剤が
他の負担の少ない剤型になるといいんですけれど.
勇者に選ばれたのはやっぱり優先順位①(勇者のメダル参照)のヒーコさんでしょうか?(笑)

>やなさん

献血が原因で硬くなるって初めて聞きました.
採血する部分だけということですよね?
ワタシは造血機能維持の目的で,
年一回献血しています.
血管は細く,人の倍時間がかかります.
献血車のナースはスペシャリストだからいいのですが,
普通のナースがワタシから採血するのは至難の業です.

投稿: Ginkgo | 2006年2月 1日 (水曜日) 11:57

入院した大学病院では、
点滴の針を医師が刺すことになっていました。
地獄でした。とりわけヘタで有名な人に当たり、
見事な青タンを作ってもらえました。
忘れられません、サトーセンセー!

投稿: やな | 2006年2月 1日 (水曜日) 15:18

>やなさん

点滴も採血も技術の差がはっきり出ますよね.
血管が細いと採血したとき上腕部に
鬱血が見られることはありませんか?
ワタシは経験ないですが,
やはり血管が細いヤクザ母は,
よく採血で青タンをこしらえています.
幸い点滴は経験がありません.
話は変わりますが,
ヤクザの虎の穴である薬学部では,
希望者は臨床検査技師の
資格を取ることもできます.
でもワタシは取りませんでした.
理由は採血実習があるからです.
(ナースと同じですね)
下手な実習生同士がお互いに採血し合います.
刺しつ刺されつなんてぞっとします.

投稿: Ginkgo | 2006年2月 1日 (水曜日) 16:00

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/120630/8396263

この記事へのトラックバック一覧です: 注射不要のインスリン:

» エクスベラ(吸入式インスリン) [ブログで情報収集!Blog-Headline/health]
「エクスベラ(吸入式インスリン)」に関連するブログ記事から興味深いものを選んで... [続きを読む]

受信: 2006年2月19日 (日曜日) 07:57

« ゆず | トップページ | 勇者のメダル »