« 社長の言い訳 | トップページ | ハリー・ポッター »

2005年12月 3日 (土曜日)

所さんの目がテン

今朝の読書は『凍(とう)』(沢木耕太郎著)です.

          025859520000

2002年10月,ヒマラヤの難峰ギャチュンカン(7952メートル)北壁に,
日本が誇る登山家、山野井泰史さん(40)とその妻妙子さん(49)が
クレバス,氷点下40度の寒さ,死の危険にさらされながら,
最小限の装備で頂上を目指しました.
妙子さんの体調不良で
最後まで登り切ったのは泰史さんだけでした.
山は下山の方が危ない.
ドラマは下山時に起こります.
猛吹雪や度重なる雪崩.
二人とも目が見えなくなり,
幾度も幻の救助隊まで見てしまうような極限状態.
凍傷で泰史さんは手足の指を10本,
妙子さんは手足の指を18本失いましたが,
奇跡の生還を果たしたました.
夫婦愛というよりも,
ベストパートナーという言葉がふさわしいお二人です.
もっとも手の指をすべて失った妙子さんの髪を,
かろうじて指が数本残っている泰史さんが
洗ってあげる下りなんかは,
夫婦愛ですけれど.
暖房の効いた暖かい室内で読んでいるはずなのに,
凍えるような寒さを感じさせるドキュメンタリーでした.

すでに何回かご紹介していますが,
「所さんの目がテン!」という科学番組があります.
日曜7時とちょっと早いのですが,
ワタシは録画して毎週見ています.
科学番組系では「ためしてガッテン」もいいのですが,
ちょっと面白味に欠けます.
出演者の驚きがダイレクトに伝わってこないのですね.
でも目テン!は違います.
出演者の驚きがよりリアルなんですね.
ワタシがこの番組を強力に推すもう一つの理由は,
「事実をありのままに伝える」という
作り手の意志が明確だからです.
科学の世界ではあたりまえのことですが,
テレビではどうしても脚色が入りますよね.
目テン!にはそれがありません.
こんなことがありました.
ワサビを科学するという回だったのですが,
地中でワサビを育てた場合,
辛味成分が地中に拡散します.
それを証明するために,
大量の土を処理して濃縮し,
成分を測定したのです.
分析機器にかけたところ,
確かに辛味成分が検出されました.
それをスタジオに持ってきて所さんが嗅いでみます.
ところが所さんのコメントは「臭わない」
それに対してこう解説が入ります.
「辛味成分は揮発性です.濃縮してから1週間経ってしまったので
 揮発してしまったと推察されます」

普通の番組ならタレントの
「あっ!つーんとする!」
というコメントでエンディング・・・のはずです.
それでも視聴者にはわからないですし,番組もすっきりするからです.
そうしないのが目テン!の素晴らしいところです.

|

« 社長の言い訳 | トップページ | ハリー・ポッター »

コメント

わたしも目がテン!好きです
毎週、ほとんど見てます
ときどき、ほんとにわけのわからないものを取り上げたりしてますけえど・・
まあ、それはそれでおもしろからいいですよね
うん(^_^)b

投稿: bakeneko | 2005年12月 3日 (土曜日) 14:45

>bakenekoさん

やっぱり面白いですよね,目テン!
冒頭のくだらないコントも好きですよ~

投稿: Ginkgo | 2005年12月 3日 (土曜日) 16:50

冒頭のくだらないコントも泣けますが、いちごの種を数えたりするところも、とっても哀しい・・。

投稿: 茶菜子 | 2005年12月 4日 (日曜日) 21:51

>茶菜子さん

確かにそうですね(笑)
でも子供が見るとああいうところから
科学に興味を持ってくれるかもしれませんよね。

投稿: Ginkgo | 2005年12月 5日 (月曜日) 07:57

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 所さんの目がテン:

« 社長の言い訳 | トップページ | ハリー・ポッター »