« 涼しい・・・ | トップページ | 東京タワー »

2005年8月26日 (金曜日)

ヒラメとカレイ

今夜はお寿司屋さんに行く予定。

たまにはおいしいものを食べなくちゃ。

夏場は皆さん生ものを避けるから空いていて良いし。

 

さて、寿司屋で白身といえば、

冬はヒラメ、夏はカレイ(マコガレイ)ですが、

その見分け方は?

ひだりヒラメのみぎカレイ

なんて言いますね。

尾を持ってぶら下げたときに、

両目が中心線より左にあるのがヒラメで、その逆がカレイだということです。

お腹を下にしたときに、

左を向くのがヒラメで、その逆がカレイだと言っても同じことですね。

ところがなかには右向きのヒラメや、

左向きのカレイがいるんですね。

じゃあ本当の違いってなんなんでしょう?

 

実は生まれたときはヒラメもカレイも普通のお魚と同じ形をしています。

体の両側に目があるんですね。

でもちゃんと区別がつくんです。

解剖すれば・・・

 

ヒラメとカレイの視神経も人間と同じで交差しています。

右目は左脳、左目は右脳につながっているのですね。

交差しているということはどちらかが上になるわけで、

ヒラメは左脳の視神経が上、カレイは右脳の視神経が上なのです。

生まれたときから・・・

たいていのヒラメは成長に合わせて左脳の視神経(右目)が移動し、

一方カレイは右脳の視神経(左目)が移動します。

つまり、上にある視神経が移動します。

ですから ひだりヒラメのみぎカレイ になるのですね。

天の邪鬼な一部のヒラメは下にある視神経が移動してしまうために、

みぎヒラメになってしまいます。

 

なんていうお話をお寿司屋さんですると、

蘊蓄垂造(うんちく たれぞう)蘊蓄垂子(うんちく たれこ)と呼ばれて、

同僚に嫌われてしまうか、

大将に塩をまかれてしまうので気をつけましょう(笑)

 

関西の方は白身といえばタイでしょうね。

ワタシはコチやアイナメなんかも好きです☆

 

hi ひらめ

ka かれい

|

« 涼しい・・・ | トップページ | 東京タワー »

コメント

左ひらめに右かれい
これに限らないのは知ってたよ


投稿: bakeneko | 2005年8月26日 (金曜日) 21:46

>bakenekoさん

さすがですね

投稿: Ginkgo | 2005年8月26日 (金曜日) 22:51

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/120630/5644514

この記事へのトラックバック一覧です: ヒラメとカレイ:

« 涼しい・・・ | トップページ | 東京タワー »